母親の伝える38℃の体温は あなたが探し求めた 病を治す最善の方法

羊水の響きは病を治す究極の自己免疫療法

 

人工血管に開発された柔らかい中空ストローファイバー網構造体を震わせバイオリンの弦、パイプオルガンの共鳴管、光ファイバーの響きで、世界で初めて羊水の横波の響きを再現しました(電子レンジと同じ横波の仲間)。
映画、テレビ、音楽の楽しい響きを生命の急所、脊髄の中枢反射神経の音を感じる感覚器官で楽しみ感動の涙で心と身体を幸せにする、世界で最も優れた映像ホームシアターを開発しました。
急所脊髄の響きは生体麻薬の麻酔覚醒作用で心と身体を幸せにします。世界の軍事産業が開発できなかったのは、人間のマインドコントロールです。

 

母親の体温36℃の低体温、羊水の響きは胎児を38℃に温め、尿で汚れた水分を浄化、水分80%の細胞を育てます。
羊水の響きは貴方の体温を38℃に温めドロドロに汚れた血液をサラサラにし血流を良くします。
歳を重ね50歳の細胞の水分は50%に減少、しみしわの多い老化した身体になります。羊水の響きは胎児のように38℃に温め汚れた血液を浄化します。

 

老化した60兆個の細胞を赤ちゃんの細胞のように水分80%に若返らせます。

 

白血病患者にとって“一縷の望み”『ゼロ磁場の奇跡』音響免疫療法

 

血液のがんと言われる白血病は、血液の中の白血球が細胞に分化していく過程でがん化し、血液がんとなります。白血球は120 日間で入れ替わります。
羊水の響きで血液を毎日38℃に温め、血液の中の白血球をつくり変えていくと、120 日間で新しい白血球に入れ替わり、白血病に勝てるのです。
脊髄の中の血液、リンパ球、骨髄液を温める羊水の響きは、白血球、リンパ球、骨髄液が発熱します。

 

赤血球(ヘモグロビン)に含まれる強磁性鉄イオンの磁力を高めることが大切です。がん細胞は強い磁力を持つ鉄イオンを多く取り込んでいます。
がん細胞は、免疫細胞により活性酸素という酸素毒で攻撃され、殺されます。
がん細胞は免疫細胞から自分を守るため、細胞内に鉄イオンを取り込むのです。
鉄イオンががん細胞に存在すると鉄イオンが酸化され、活性酸素が中和され、免疫細胞ががんを殺すことが出来ないからです。

 

肝臓がんの80%はC 型肝炎ウィルスから発症します

 

肝臓がんの多くはC型肝炎ウィルスによる肝不全の病を招き、肝不全から肝臓がんが発症します。
肝臓がんの80%はC型肝炎ウィルスから発症します。肝硬変となり、病状が悪化し肝臓がんとなるのです。
C型肝炎から肝臓がんを発症された患者さんが、ゼロ磁場音響免疫療法の音響ルームを訪問され、毎日3~ 4 時間脊髄でテレビ・音楽を楽しまれ、体温を38℃に発熱させます。
不思議なことにC型肝炎ウィルスが自然に消えていきます。病院の検査で気づいたのです。
肝臓がんはC型肝炎を排除し、肝硬変にならないことが大切です。すい臓がんは初期にはほとんど自覚症状がなく、すい臓の周囲のリンパ節や臓器に転移しやすいのです。
すい臓の複雑に入り組む毛細血管の血液を38℃に温めることで、自己治癒力でがん細胞を消滅させることが出来ます。

 

がんに勝つには身体を38℃に温め 美味しい食事で体力をつけ太ることが大切です

 

ゼロ磁場の奇跡 音響免疫療法をご自宅で楽しみ、がんに勝った患者の皆様から喜びのお言葉をたくさんいただいています。

 

「身体を温め、美味しい食事で体力をつけ太ること、身体を幸せにすることの大切さを初めて知りました。」羊水の響きで胎児のように38℃に温め、熱に弱いがん細胞に勝つ体質になると「お腹が空くようになった」「手足が温まり痒くなった」「表情が良くなた」「食欲が増した」「食事が美味しい」「よく眠れるようになった」「痛みがなくなった」「体温が高くなった」「肌がしっとりとしてきた」「生きる気力が湧いてきた」など体験談を熱心に語られます。
ゼロ地場の奇跡 音響免疫療法をご自宅で楽しみ、がんに勝つ体質にすることが大切です。