母親の響かせる胎内の羊水の波動エネルギーは、胎児の尿で汚れた羊水を浄化します。

糖尿病・高血圧・高脂血症で汚れた血液を胎児の尿を浄化する羊水の響きは汚れた血液を温め即効的に浄化します

 

 

母親の響かせる胎内の羊水の波動エネルギーは、胎児の尿で汚れた羊水を浄化します。羊水の波紋の響きは、尿で汚れた羊水を温め、水分子を変え浄化します。
胎児の尿を浄化するシステムは、私たちの糖尿病、高血圧、高脂血症でドロドロに汚れた血液を温めサラサラに綺麗にすることがわかってきました。

 

羊水の響きに学んだゼロ磁場の奇跡 音響免疫療法は、糖尿病、高血圧、高脂血症でドロドロに汚れた血液を摩擦熱で温め、血液の水分子を変え、即効的にサラサラにします。
摩擦熱を生む羊水の響きは、塩分による血液(強磁性鉄イオン)の酸化による錆を防ぎ、黒鉄に変え生体磁石作用を高めます。
羊水の響きは西洋医学の薬を超えた糖尿病・高血圧に勝つ最善の自己免疫療法であることがわかりました。

 

羊水の生きた響きはワイン コーラの味が変わります血液が変わるのは当然です 血液は鉄の匂いと味がします

 

血液は大切な生命の川、血液に薬を混入させてはいけません。
血液に薬物を入れると、腎臓・肝臓などの臓器の機能低下を招き、病状を悪化させます。
中華医学は血液に薬を混入させないで治します。脊髄に集中する血液・血管を震わせる摩擦熱は、血液が発熱、血流が良くなります。
血管を震わせる音楽の響きで、血管内皮細胞が活性化すると、血管が若返ります。腎臓の毛細血管のろ過機能を高めます。

 

血液は赤血球・白血球・血小板の細胞と血漿の塩水でできています。
全身の細胞に酸素・栄養・熱を運び、老廃物を排泄し、細胞を元気にしています。
淀んだ血液の流れは老廃物を溜め込み、ドロドロの血液になります。

 

音楽の響きで、血液がサラサラになると、赤血球(ヘモグロビン)に含まれる強磁性の鉄イオンの磁気作用が高まり、塩分による鉄サビは防がれ、血液と血管が若返り、健康な身体に甦ります。

 

ゼロ磁場の奇跡 音響免疫療法の磁気療法は 錆びた血液をサラサラにします

 

奇跡を起こすゼロ磁場の奇跡 音響免疫療法は、糖尿病・高血圧のドロドロの血液を即効的にサラサラにします。
「胎児の尿と体液で汚れた羊水をきれいにする」羊水の響きを応用しました。飲料水に羊水の響きを聴かせると、味が変わります。水の分子を変えます。

 

羊水の生きた響きは2~15 万Hz。空気で伝えるスピーカーの人工音は20~2万Hz。
スピーカーの伝える人工音が、水の分子を変えることは出来ません。

 

中国政府の中華医学は糖尿病、高血圧の病に薬を投与しません。血液が汚れるからです。
血液の汚れは腎臓、肝臓などの臓器の機能を弱めるからです。

 

●脊髄の中の血液を温めると、ドロドロの血液はサラサラになり、血流が良くなり、血液循環機能が高まります。
●ヘモグロビンは強磁性の鉄イオン。血液は酸化鉄。塩分の酸化作用でサビが生まれます。磁気作用で酸化を防ぐことが大切です。
●全身の血管を震わせ、血液が温まると、ヘモグロビンの鉄イオンは活性化。血流が良くなります。血管を震わせる響きは、血管内皮細胞を活性化し、血管を若返らせます。毛細血管が甦り、臓器の機能が強くなります。
●腎臓・肝臓・心臓・膵臓・脾臓を響きで温め、活性化。臓器の機能が高まります。
●消化臓器(胃、小腸、大腸、直腸)を37~38℃に温めると、腸の消化酵素が活性化。消化機能が高まります。さらに、腸の有害物の吸収を防ぎます。

 

脳梗塞、心筋梗塞、動脈硬化、高血圧、低血圧、糖尿病、腎不全、アトピー、C型肝炎、リュウマチ、痛風、肝硬変、痔、椎間板症、更年期障害、バセドウ病、不妊症、骨粗鬆症