高齢者ドライバーの交通事故を防ぎます

高齢者ドライバーの交通事故を防ぎます脳に雷の鳴り響く激しい衝撃波は 脳を若返らせます

 

脊髄の(中枢神経、血液、リンパ液、骨髄液)を温める羊水の響きは、脳への血流量を増やし、脳細胞を活性化 若返らせます。(赤ちゃんの脳細胞は水分80%、50歳の脳細胞は50%となります。)

 

「認知症」 アルツハイマー」は、大脳皮質の萎縮と脳への血流不足による脳神経細胞の老化です。
西洋医学の薬では不可能と言われた、 認知症」「アルツハイマー」「うつ病」を脳内麻薬アドレナリンが生む、火事場の馬鹿力を発揮する「音響免疫療法」は病を吹き飛ばし忘れさせます。

 

イタリアは、精神病院をなくしました。日本は、35万床の入院ベッドがあります。
現代も精神医学の精神病患者の閉じ込め政策を行っています。

 

薬と検査漬けの西洋医学は お金にならない自己免疫力で治す方法を研究しない

 

うつ病 アルツハイマーは、「脳血液の冷え」「脳への血流不足」「腎臓の機能の低下による血液のろ過不良」「脳細胞の変性と鉄イオンのサビ」「頭蓋骨の締まり」が原因です。
胎児を38℃に温める母親の羊水の響きに学んだゼロ磁場の奇跡 音響免疫療法は、脳血液を温め脳細胞を若返らせると自然に治ります。

 

 

・脳血液を温めると、「脳神経」「脳細胞」が温まり活性化します。
・血液が温まりサラサラになると、脳への血流量が増え、脳血液の磁力が高まり、鉄サビが取り除かれます。
・腎臓のろ過機能が高まると、脳への血液がきれいになります。
・頭蓋骨、脊髄、骨盤が緩むと脳の締りが取り除かれ血流が良くなります。
・急所脊髄の響きは、脳内麻薬作用でうつ病を忘れさせます。

 

 

うつ病・アルツハイマー・ノイローゼ・心身症・自律神経失調症・パニック障害・アルコール依存症・パーキンソン病・顔面神経麻痺・三叉神経痛・偏頭痛・肩こり・冷え性・不眠症・統合失調症

 

うつ病に薬はいらない 医者の勧める薬は病状を悪化させます

 

医者から処方されたうつ病の薬を渡され、具合が悪くなっていることは初めは気が付きません。
病院はお金儲けのために患者に薬を勧めます。薬はうつ病を悪化させ、薬の依存性を高め、さらなる強い薬を体が求め、覚せい剤作用で中毒になります。

 

心ある良心的なお医者さんは、うつ病に薬を投与しません。このため患者が来なくなります。
副作用の怖さを知らず早く治りたい一心で患者は強い薬を求め、お金儲けの病院に患者が集中しています。
薬を出す病院はうつ病の患者の心を治すのではなく、お金を稼ぐ手段としています。心あるお医者さんが残る世の中にすべきです。
うつ病は脳細胞と血液を温めると自然に治る。心療内科の名前にだまされないでください。

 

戦後1945年(昭和20 年)~1951年(昭和26 年)まで連合軍総司令部(GHQ)は日本人を覚醒剤中毒にしました

 

第二次世界大戦で日本は1941年から大量のヒロポン(覚醒剤)を大日本製薬、竹田長兵衛で生産。
特効薬として陸軍・海軍に大量に納入、軍隊と国民を覚醒剤中毒にしました。
連合軍総司令部(GHQ)は1947 年(昭和22 年)4 月23日に、恐ろしいヒロポンより先に大麻取締規則を行いました。

 

1945 年(昭和20 年)~1951年(昭和26 年)日本国民を戦後6年間、中国のアヘン戦争と同じように覚せい剤漬けにし、1951年(昭和26 年)法律で覚醒剤を規制したのです。
現在の薬漬けの医学をつくりあげたのはGHQです。