ゼロ磁場磁気エネルギーの渦は人間の心を変える

白血病 悪性リンパ腫は怖くない白血球 リンパ球は 新しく生まれ変わります

 

白血病は血液の白血球ががん化し、白血病となります。白血球は120日間で新しい白血球に再生し、新しく生まれ変わります。
胎児を38℃に温める羊水の響きは、血液のリンパ球を胎児のように38℃に温め、自己免疫力を高めます。

 

毎日聴き続けることで体質が変わり、熱に弱い白血球のがん細胞は自然に消え、新しい白血球に生まれ変わります。
38℃に白血球を温め新しく生まれ変わることで、白血球は自然に消えます。
新しく生まれ変わる白血球に抗がん剤投与は馬鹿げている。新しい白血球に入れ替えれば元気になります。
新しく入れ替わる白血球を抗がん剤で改善とか、治すという医学の表現はおかしい。免疫細胞リンパ球は新しく生まれ変わります。

 

悪性リンパ腫はリンパ節に出来る腫瘍です。免疫細胞リンパ球ががん化したのが悪性リンパ腫です。
悪性リンパ腫に侵されたリンパ球を、脊髄の中の血液、リンパ球、骨髄液を羊水の響きで38℃に温め、白血球、リンパ球の免疫力を高めます。
悪性リンパ腫に侵されたリンパ球は、毎日骨髄に響く映像ホームシアターを楽しむことで、リンパ球を38℃に温め悪性リンパ腫に免疫力で勝つ体質にします。
悪性リンパ腫に抗がん剤投与は間違っている。リンパ球を新しい細胞に作り変えることが大切です。

 

肺がんは、リンパ球・血液を38℃に温め自己免疫力で排除します

 

背中から脊髄と肺全体に激しい波動エネルギーを浸透吸音、肺全体を38℃に発熱させます。
熱に弱いがん細胞を排除するのです。がん細胞に多く含まれる鉄イオンに働きかけ、細胞を正常化します。

 

肺がんは発生する場所やがんの種類で病状が異なります。がん細胞はリンパ節に浸潤し、リンパ管から転移しやすいため、リンパ球を温め、自己免疫力を高めることが大切です。

 

体温を1℃上げると、ウィルスを殺す免疫力が5~ 6倍になるとアメリカのアルバート・アインシュタイン医科大学が発表しています。がん細胞が最も活発になるのは35℃と言われています。
血液を39.2℃に上昇させるとがん細胞は死滅します。悪性のスキルス性の肺がんは、進行が速く、リンパ節へ転移し、病巣をつくります。
ゼロ磁場音響免疫療法は、映画・音楽の脊髄の響きで肺のリンパ球・血液を発熱させ、がん細胞を熱と免疫力で排除する最新テクノロジーです。

 

胃がんは胃の粘膜に発生します

 

胃の粘膜に発生するのが胃がんです。ストレス、ピロリ菌、胃潰瘍などの原因で胃がんを発生させるのです。
ゼロ磁場音響免疫療法は、胃の粘膜と血液を38℃に発熱させ、がん化を防ぎ、自己免疫力でがんを治すのです。

 

胃の粘膜、血液、リンパ液を38℃に温めると、胃酸の分泌も正常化します。不思議なことに、ピロリ菌も高熱と自己免疫力で排除します。胃の粘膜を温めることで胃がんの細胞を消滅させるのです。

 

大腸がんは腸を39℃に温め自己免疫力で治します

 

大腸がんには結腸癌と直腸がんがあります。消化臓器の大腸は、骨盤内臓器です。
音楽の激しい響きでしまった骨盤を緩め、血液を38℃に温めることで大腸・直腸のストレスを取り除きます。

 

腸を発熱させ、酸素が活性化、消化機能が良くなります。大腸がんは家族歴のある人に多く発症します。私たちが注目したのは家族歴です。

 

直腸の温度が低いと直腸がんになりやすいのです。世界で初めて、骨盤と直腸をTV・音楽の激しい響きで発熱させ、腸内温度を39℃(直腸温)に発熱させることで大腸がんを排除できるのです。

 

コウモリは体を震わせ43℃に体温を上昇させます

 

人間の体温は低下すると、ぶるぶると体を発熱させるメカニズムを持っています。
母親は羊水の中で胎児を38℃に温め羊水を浄化、水分80%の細胞を育てます。年を重ね50 歳の細胞の水分は50%に減少。シミ、シワの多い老化した体はがん患者が多くなります。
細胞は毎日新しく生まれ変わります。羊水に学んだ音響免疫療法は身体を38℃に温め、水分80%の赤ちゃん細胞に生まれ変わります。
赤ちゃん細胞は細胞のがん化を防ぎ、がんに勝つ体質にします。コウモリは15℃の低体温で、洞窟に足でぶらさがっています。
飛び立つ時に足の裏のゼラチンを震わせ、摩擦熱で身体を43℃に発熱、飛び立ちます。
42℃の体温は地球の重力に負け飛び立てないのです。身体の発熱とレーダーのメカニズムをコウモリの研究から学びました。
コウモリは全身を震わせレーダーを線でなく玉で発射、映像で映します。最先端医学と最先端レーダー兵器を実践しています。