増殖するために がん細胞が低体温を求めます

がん患者は『氷』をガリガリと食べ体温を下げようとします

 

がん患者は『氷』をガリガリ食べ、無意識に体温を下げようとします。がん細胞は、増殖する為に低体温を求めるからです。
日本人は、冷たい氷やジュースを求めます。中国からの旅行者は、日本で温かいお茶やお湯を求めます。
中華医学の教えを忠実に守っています。低体温が、がん・うつ病・糖尿病などの病を招くからです。
日本人は、低体温のため65 歳を過ぎると急激にがんの発症が多くなります。私達が驚いたのは、がん患者が37℃から38℃に上昇すると、日本の西洋医学の医師は解熱剤を投与し、体温を下げることです。
低体温が、がん細胞を増殖させてしまうことを、不思議に知らないのです。
熱に弱い温熱感受性のがん細胞の増殖を38℃に温め自己免疫力で消滅させる防衛反応を無視、逆に低体温でがん細胞を増殖させていることに気づいていないのです。

 

 

『元気な細胞』と『がん細胞』を一緒に殺す『抗がん剤の投与』は狂っている!

 

西洋医学のがん治療で狂っているのは、元気な細胞とがん細胞を一緒に殺す抗がん剤の投与です。体内には、がん細胞と元気な細胞が共存しています。分離はできないのです。
元気な細胞とがん細胞を一緒に殺す抗がん剤投与は、生命力を弱め死を早めます。
がん患者の皆様へ 医者に抗がん剤を勧められても、抗がん剤は投与してはいけません。
医者は、抗がん剤投与でがん患者の死を早めるのを現実に見ているので、自分や家族に抗がん剤を投与しない事実は有名です。

 

胎児38℃に温める羊水の響きの映画・テレビ・音楽の響きで、がん細胞と元気な細胞を一緒に温め幸せにすると、熱に弱い温熱感受性のがん細胞が発熱し自然にがん細胞が消滅していきます。
毎日ご自宅で、映画・テレビ・音楽を生命の急所 脊髄から心臓に羊水の響きで聴かせるゼロ磁場の奇跡音響免疫療法は、胎児のように38℃に温めることでがんに勝つ体質にします。
ぜひ視聴ルームで体験されることをお勧めします。体温の上昇が、体温計で見て身体で分かります。
細胞は、毎日新しい細胞に少しずつ生まれ変わります。元気な細胞に創り替えることで、がん細胞がいなくなるのです。