震動板を激しく震わせる網構造体と板鳴りの激しい響き

TEL

耳でなく人間の身体をバイオリンの弦のように震わせるゼロ磁場 音響免疫療法

 

バイオリン

映画・テレビ・音楽を耳でなく急所脊髄で聴くために、ストラディバリウスの弦の響きに学び、中空網構造体を応用、羊水の響きで聴く映像ホームシアターを世界で初めて開発しました。
ストラディバリウスは弦と箱鳴りの響きを高めるため、動物の骨から抽出した生きた「にかわ」で木材を貼り合わせます。
柔らかい生きた「にかわ」の接着層を震わせ、弦と板鳴りの激しい響きは摩擦熱が発生します。化学接着剤で木材を完全に接着すると音が響きません。
生きた「にかわ」の接着層の摩擦で響きを高めるのです。

 

柔らかい表面の密度を高めた三次元網構造体ストロファイバーを応用、「バイオリンの弦」「パイプオルガンの共鳴管」「光ファイバーの脈動」の激しいバイオリンの響きで、世界で初めて羊水の響きを再現しました。
スピーカーは磁石、コイル、震動板で音を発生させます。

 

ストラディバリウスの響きを応用した震動板を激しく震わせる網構造体と板鳴りの激しい響きは、摩擦・波動・震動・脈動・音圧を生み、地球の地磁気、ゼロ磁場磁気エネルギーが発生します。
音響ルームでゼロ磁場の渦が確認出来ます。音響ルームで体温が38℃に上昇する神秘な現象が体験できます。

 

中華医学の治療効果の高い経脈・ツボ・脊髄に音楽を響かせます

 

脊髄

板鳴りの響きと柔らかい網構造体を響かせ、中華医学の治療効果の高い脊髄の経脈・ツボに響きを浸透吸音します。
『ゼロ磁場の奇跡』音響免疫療法は、耳で聞くことの出来ない重低音、音圧、ドキュメンタリー音を骨導音で身体共鳴の響きで聴かせます。
肩にあてるバイオリン演奏者は、響きが身体共鳴し、体温が38℃に上昇すると言われています。コントラバスの演奏者は響きでガンが治ることは有名です。

 

1981年、国立科学研究センター(フランス) の生物学者エレーヌ・グルマンと生体エネルギー研究所ファブイアンママンは、低周波の波紋の響きを正常な細胞と、がん細胞に聞かせた結果、ある可聴域の響きが、がん細胞を死滅させることを発見しました。
映画・テレビ・音楽の響でがんに勝つ時代です。

 

音響チェアで楽しむ 映画・テレビ・音楽 シンギングボウルの響きは 映像を「観る」音楽を「聴く」に 革命を起こした

 

イカ墨から液晶テレビの原理を開発した西堀貞夫は、TV映像の響きの感動をより高めるため、耳でなく脊髄の感覚器官で聴く、新しい羊水映像ホームシアターを開発しました。

 

脊髄に響く重低音は、生命の危険信号としてDNAに記録されています。脊髄で感じる音域は、脊髄の部分により異なります。

 

頭蓋骨は高音、骨盤は低音を感じます。急所脊髄の響きは身体が浮き上がる、全身が音に包まれる、身体が陶酔感に満たされるなど、心と身体をマインドコントロールし、幸せに導きます。

 

ストローファイバー網構造体が伝える「 パイプオルガンの共鳴管」「コントラバスの弦の響き」「光ファイバー」の身体の響きは 感動の涙で心と身体を健康に導きます

 

羊水の響きを身体に響かせるため、表面の密度を高めた柔らかい血管のような、3次元構造体のストローファイバー網構造体を開発しました。
バイオリンの弦のようにスピーカーの響きで軟質網構造体を震わせ、鳴り響かせます。

 

ストローファイバーは「光ファイバー」「弦の響き」「パイプオルガンの共鳴管」の響きを生み、高音・低音域を極限まで広げ、脈動、波動、音圧、震動の激しいエネルギーを耳の可聴領域を超えて身体に響かせます。
血管のように作られたストローファイバーは、血管の脈動、生きた音の心臓音などの生命のリズムを身体に伝えます。共振による歪みやノイズを取り除き、クリアな音を身体に響かせます。

 

体温を胎児のように38℃に高め、血管内皮細胞を活性化し、血管を若返らせ、血流を良くします。
網構造体は「羊水の生きた響き」「全身が音に包まれる」「身体が響きで浮き上がる」「身体を発熱させる」「生体麻薬・生体磁石を高める」など、新しい音楽革命の響きです。

 

 

 

 

耳で聞く空気の伝える音波は衝撃波で鼓膜を震わす縦波の響きです。オーディオシステムの空気の伝える音は波動エネルギーの少ない響きです。長時間聞いても温まりません。

 

 

 

 

波の伝える響きは波状の横波です。胎児期の母親の伝える羊水の響きは横波です。波の響きがカラダの水分を震わせ、発熱させます。

 

 

 

 

水の伝える響きやバイオリンの弦の響きは、独立性を保ちながら立体的に重なり合い多くの複雑な波形の波紋が重なりカラダを発熱させます。

 

水の伝える波紋の響きは横波の生きた音

弦の響きは水の伝える波状の横波です。
胎児期に私達は、母親の母体音の羊水の伝える生命の「生きている」水の波紋の響きを、脊髄で感じていました。
水の伝えるウェーブ(波紋)の響きは、身体の水分と共鳴し身体を温めることができます。(水の中で音の伝わる早さは1500m)
(ノーベル賞受賞南部博士_ひも理論)

 

空気の伝えるスピーカー音は縦波の死んだ音

 

スピーカーから発生する音波は、空気の密度の高い部分と低い部分を伝わり縦波の衝撃波として鼓膜に響かせます。
空気の伝える音は波動エネルギーの少ない「死んだ音」。
空気の伝える線の縦波は身体を温めることができない。

 

 

トップへ戻る