あなたの『生命の魂』は磁気エネルギーの渦

西堀貞夫は世界で初めて心をマインドコントロールする究極の技術を開発

 

祈る女性

生体麻薬が生む心霊現象の原理と心理の解明は死や不慮の自己を招き危険だと言われています。
西堀貞夫は、最先端医学に応用するため心霊現象と魂のメカニズムを公開し、真実を語りました。
預言の通り、突然病に倒れ生死をさまよいました。

 

2014 年6月24日のことです。
臨死体験で、心霊現象の生む光り輝く死後の幻想の世界を見てきました。
生命の科学は、解明してはいけないことです。
天に許されたと神に感謝しています。

 

急所脊髄の中枢反射神経への激しい響きは、生体麻薬、アドレナリン・エンドルフィンで脳を満たし麻薬作用で死の恐怖心を取り除き心と身体を幸せにします。
脳内麻薬の覚醒作用は心の神:心霊現象を招き、臨死体験や光り輝く幻想の死後の世界を見ることが出来ます。

 

血液(強磁性鉄イオン)の「錆び」は磁力を劣化させ超能力・テレパシーの磁気作用を弱めます

 

磁石

『子、怪力、乱神を語らず』孔子の教えです。神仏の存在や憑依、邪気の真実を語らず。
気功師の1000人以上の磁気エネルギーを生むゼロ磁場の奇跡 音響免疫療法を、中華人民共和国衛生部と最先端医学に応用するため共同で進めています。
中国の気功は、5000 年の古い歴史です。中国医学は、気の衰えが病を招くと考えます。
邪気や憑依は有害な気、私たちは血液の鉄イオン(強磁性)の磁気エネルギーを『気』と考えます。
錆びた血液の磁気を『邪気』と考えます。気功は、磁気エネルギーに、受け手が共に信頼し、気の磁気エネルギーに共鳴し合うことで、2人の間にゼロ磁場が生まれたときに著しい効果が生まれます。
気功師が長時間磁気エネルギーを送ることは不可能です。なぜなら生命力を弱めるからです。
中国は、孔子の教えに学び『子、怪力、乱神を語らず』気のエネルギーと邪気、憑依現象の研究を怠ってきました。磁石・方位磁石は中国で発明されました。