胎児期 私たちは 母親の羊水の中で脊髄の感覚器官で 母親の生命の響きで育ちます

 

母親の 羊水の海の中で 耳でなく 脊髄の 水の響きで育ったことを私達は 忘れています 空気の音では育ちません 胎児期、私たちは母親の羊水の海水の中で育ちます。母親の生命の響きのリズム、呼吸18、体温36、心拍数72、血圧144耳でなく、脊髄の感覚器官(中枢反射神経)で響かせ胎児を育てます。羊水の波紋の横波の響きと電子レンジの電磁波の波紋の横波は同じ仲間です安全な電子レンジで、胎児を38℃に温め尿で汚れた羊水を浄化水分80%の細胞を育てます。

 

響きは人間の心を変える

 

母親の死は胎児の死です。 母親の生命の危険を知らせる 耳でなく 脊髄(感覚器官)への羊水の激しい響きは 胎児の死の危険信号として 胎児のDNAに記録されています。 耳でなく 脊髄への激しい響きは 人間の心を変え 恐怖の響きによる幻聴が 殺人や自殺を起こすのです。

 

赤ちゃんは胎児期、羊水の中で、母親の目と耳を通して、母親の感じた景色や喜びの感動を、体内の記憶の物語として話します。お互いの血液の磁気が共鳴、母親の心を感じるのです。母親の感じたネガティブな感情は、胎児の心にトラウマを生み、大人になっても悪い潜在意識として残ります。母親は羊水の響きで、耳でなく、脊髄の感覚器官(中枢反射神経)に響かせ、胎児を育てます。空気の音では胎児は育ちません。お母さんの羊水の響きは、胎児を38℃に温め、尿で汚れた羊水を浄化、水分80%の細胞を育てます。羊水の響きは、ドロドロに汚れた血液をきれいにし、脳への血流を良くし、老化する脳細胞を若返らせ認知症を治します。胎児の尿を浄化する響きは、糖尿病・高血圧でドロドロに汚れた血液をサラサラに浄化します。38℃に胎児を温める響きは、熱に弱いがん細胞を消滅させます。

 

羊水イメージ

 

胎児を38℃に温め 育てる羊水の母親の響きが病気を治す 響きの原点

 

「胎児を38℃温め」「尿を浄化」「水分80%細胞」を育てる 母親の羊水の響きは 西洋医学の薬を超えた病を治す 自己免疫療法


胎児を38℃に温める 羊水の響きは 生きている自分の声 空気の音では 胎児は育たない


胎児期、私達は母親の羊水の中で耳ではなく、脊髄の感覚器官(中枢反射神経)で音を感じていました。生命の急所、脊髄への響きが「感動」と「興奮」を高めるのはこのためです。私達は羊水(海水)の中で胚子の魚の時代、両生類、爬虫類、原子哺乳類、人間へと35億年の生物進化を辿り胎児となります。胎児期、母親の伝える生命のリズムを脊髄で感じて育ちます。呼吸18(海の波の数)、体温36℃、心拍数72、血圧144Hz、288日で赤ちゃんの誕生となります。母親の激しい 生命の危険を伴う脊髄への響きは、生命の危険信号として胎児のDNAに記録されています。私たちは耳ではなく、生命の急所脊髄への響きに感動と興奮を感じるのです。

 

母親と胎児はお互いに 血液の磁気共鳴で心を伝えあっています

 

母親は、胎児の体温が低下すると羊水を増やし、子宮内圧を高め、水の波紋の響きの波動エネルギーの摩擦熱を強化、胎児の体温を38℃に温めます。羊水の波紋のエネルギーは、胎児の尿で汚れた羊水を浄化します。胎児を38℃に温め、羊水を浄化する水の波紋の響きと、電子レンジの電磁波の波紋の響きは、同じ仲間です。お母さんは、安全な電子レンジで胎児を38℃に温め、尿で汚れた羊水を浄化、水分80%の細胞を育てます。歳を重ね、60歳の細胞の水分は50%に減少、しみ、しわの多い、老化した身体となります。羊水の響きに学んだゼロ磁場 音響免疫療法は、老化した60兆個の細胞を、水分80%の赤ちゃん細胞に若返らせます。
赤ちゃんは、胎内で母親の目と心を通して、外の景色や喜び、悲しみを感じていました。3歳頃まで記憶しています。超能力、テレパシーの磁気共鳴作用で、母親が感じた悪い感情やストレスを胎児は心に感じ、トラウマとなります。胎児に話しかけ、お腹に手を当てるなどの胎教が大切です。

 

羊水に響くテレビ

 

胎児を38℃に温める羊水の響きに学んだ、映画・テレビ・音楽の響きは身体が発熱 心と身体を幸せにし病気を治します

 

映画・テレビ・音楽の感動の「涙」で病を治す音響免疫療法は今世紀最大の発明。母親の死は胎児の死です。母親の生命の危険を知らせる激しい響きは、胎児の生命の死の危険信号として、DNAに記録されています。響きが人間の心を変えるのはこのためです。耳の感覚器官への響きは、言葉・方向・距離・危険を感じます。身体の感覚器官、脊髄の中枢神経への倍音の響きが、感動と感情を感じるのです。身体への響きは、人間の心を幸せにし、病を治す最善の方法です。

 

人間の持つ血液の 磁気共鳴作用を高めます

 

テレビ・映画・音楽の、疲れた心臓へのマッサージは、ペースメーカーのように、疲れた心臓の鼓動を高め、血液の流れを良くします。血液は強磁性の鉄イオンを含みます。血液を舐めると鉄の匂いと味がします。血液に含まれる球状の赤血球と毛細血管は、同じ大きさです。心臓の鼓動を高め、血流を良くすることで、毛細血管と、赤血球との摩擦熱は血液を温め、サラサラに浄化、血液循環機能を高め、血流を良くします。酸化した血液(酸化鉄)を、黒鉄(二価鉄)に変え、血液の磁気作用を高めます。磁気エネルギーの高まりは、超能力・テレパシーの磁気共鳴作用が高まります。 血液も釘と同じように錆びるのです。西洋医学の薬漬けは、血液を汚し、錆びが病気を招くことを研究していません。

 

細胞はリズムと共鳴 ミクロの世界で 水の響きの音楽を奏でます

 

細胞は、分裂・増殖する過程で、身体の響きのリズムに共鳴。ミクロの世界で細胞は、美しい音楽を、水の伝える倍音の響きで奏でます。響きは、遺伝子と細胞を活性化させる不思議な力があるのです。人間は無音室に入ると死に至ります。60兆個の人間の細胞は、80%の水分を細胞内に取り込んでいます。細胞は、響きで分裂・増殖を繰り返し、死滅していく細胞を補強しています。細胞に伝える、倍音の生命のリズムは、正常な細胞を誕生させ、生命力を蘇らせます。お酒の麹の発酵は、細胞と同じように、ぶすぶすと音を発し、増殖します。がん細胞が、響きを嫌うのは、熱に弱いがん細胞が死滅するからです。太古の地球は、水と酸化鉄の塩の海。海で誕生した微生物は、塩水の中で鉄呼吸をしていました。酸素呼吸する現在の細胞へと進化したのです。鉄鉱山は酸化鉄を大量に含んだ、鉄呼吸微生物の化石の山です。人間の血液も強磁性鉄イオンを含むのはこのためです。

 

音響システムイメージ

 

羊水に生まれる「胎光」は 磁気の「渦」 魂です 臨月に近づくと胎児の心臓に「魂」が宿り 赤ちゃんの生命が 誕生します

 

羊水の中に生まれる「胎光」はゼロ磁場磁気エネルギーの「魂の渦」です。 胎光は臨月に近づくと、赤ちゃんの心臓に宿り生命の「魂」が誕生します。 肉体は滅んでも「魂」は親から子へさらに孫へと「輪廻転生」し生き続けます。

臨月に近づくと 磁気の渦「魂」が 胎児の心臓に宿り 赤ちゃんの生命「魂」が誕生します

 

宇宙・地球・人間は磁気に満ちています。太古の地球は、酸化鉄の塩の海です。海で誕生した、人間の細胞は、鉄呼吸をしていました。現在の酸素呼吸する、細胞へと進化しました。人間の血液を舐めると鉄の臭いと味がします。血液は、強磁性鉄イオンを含みます。言葉を知らない、古代の人間は、お互いに持つ、生体磁気の磁気共鳴で、お互いに心を伝えあっていました。人間の魂は磁気です。魂の磁気共鳴が、「以心伝心」「母と子の絆」「双子の心の絆」「虫の知らせ」等、お互いの持つ磁気共鳴が、心を伝えるのです。 MRI(磁気共鳴画像法)でお互いの、磁気共鳴の、脳のゆらぎ現象を、測定しました。「科学雑誌Science」 魂の霊の磁気の渦が、霊現象です。残留思念、磁気残留の、魂の霊の光、この現象は、磁気の渦です。

トップへ戻る