釈迦の鐘の響きに学んだ音響免疫療法は衝撃波を脊髄に響かせ死を恐れない悟りの境地に導きます

釈迦はヒマラヤ(ネパール)のゼロ磁場の磁気に満ちた場所で生れました

 

釈迦

仏教、ヒンドゥー教、ラマ教はヒマラヤ(ネパール)ゼロ磁場の磁気の強い場所で誕生しました。
ゼロ磁場の磁気エネルギーが、人間の持つ生体磁石の磁気が磁気共鳴し、心に神を呼び覚ましたのです。(釈迦はモンゴル系)
釈迦は仏像信仰とお経信仰を説いていません。イエス・キリストの手当てと同じように磁気療法を行っていたと考えられます。
一人の相手に合わせ対機説法でその場所で、生体磁石の磁気エネルギーを高め、その人に適した真理の言葉で語られ、磁気共鳴で心を伝える磁気テレパシー療法(手かざし)を行っていたのです。
釈迦の入滅から500 年間は仏像が作られていません。古代インドは聖なる人の姿を仏像で現すことを避けていたのです。
釈迦は仏像信仰とお経信仰は勧めていない、日本は、仏像信仰、お経信仰を1500 年続けています。

 

釈迦は祇園精舎の鐘の響きで悟りの境地に導かれ

出家と阿含経に記述されています

 

鐘

釈迦は祇園精舎の鐘の響きが生体磁石の磁気を高め、磁気共鳴で煩悩を取り除き悟
りの境地に導くことを知っていたと考えられます。諸行無常の鐘は中国の宋の時代、日
本に渡来したと言われています。除夜の鐘として現在も受け継がれています。日本は戦
時中、鐘を強制没収し兵器にした悲しい歴史があります。ゼロ磁場音響免疫療法は、
釈迦が感じたゼロ磁場の奇跡を生む磁気エネルギーと諸行無常の鐘の響きを感じ、悟
りの境地に導きます。日本のお寺の中にはゼロ磁場の悟りを無視し、お金儲けの葬式
墓場利権の宗教になっているお寺もあります。(2015 年死者130 万人)

 

祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響あり 沙羅双樹の花の色 盛者必衰の理をあらはす おごれる人も 久しからず 
ただ春の夜の夢のごとし たけき者も遂にはほろびぬ ひとへに風の前の塵に同じ 

 

釈迦寺の鐘の声やこの世に存在する全ての物事は、響きのように消え永久に不変のものはない。椿の花は死を迎えると枯れ白くなり、栄華は続かない。
いつかは滅びる。思い上がった振る舞いは春の夜の夢のように長く続かない。荒々しい強者もいつかは滅びる。風が吹くと飛んでいく塵のように。
私たちの大好きな言葉です。ゼロ磁場の奇跡 音響免疫療法は、雷に打たれたような衝撃を脊髄に響かせ、死が怖くない悟りの境地に導きます。

 

猫は『ゴロゴロ』で病を治す名医

 

獣医学者の間では、ネコは他の動物より骨折や筋肉を早く回復させることが知られています。
ネコ科の肉食動物は単独で行動、怪我が死に繋がります。生き残るため、進化の過程で身に付けたのが「ゴロゴロと身体を震わせ病を治すメカニズム」です。

 

ネコはお産の苦しい時も、ゴロゴロと響かせ血液を温め、血管を広げ、血流を良くし痛みを取り除き出産します。
死を迎える時、ゴロゴロ(150Hz)と喉を鳴らし安楽死します。痛みを緩和、呼吸困難を和らげ、苦しまずに死を迎える末期医療にゴロゴロを応用しています。

 

骨を震わせる響きは骨芽細胞を活性化し、骨密度を高め、骨折を早く治します。(ニューヨーク州立大クリントンルービン博士はネコの20~50Hzの響きが骨折を治し、骨を強化していると1999年に発表しました。)
ネコのゴロゴロは、自分で病を治す世界で最も進んだ医療行為です。ネコは磁気の強い場所を敏感に感じ探して寝ています。