釈迦の鐘の響きに学んだ音響免疫療法は衝撃波を脊髄に響かせ死を恐れない悟りの境地に導きます

釈迦 バラモン教(ヒンドゥー教)チベット仏教はヒマラヤ(ネパール)のゼロ磁場で誕生しました

 

釈迦

釈迦、バラモン教(ヒンドゥー教)、チベット仏教はヒマラヤ(ネパール)のゼロ磁場の磁気の強い場所で誕生しました。
ゼロ磁場の磁気エネルギーが、人間の持つ生体磁石の磁気が磁気共鳴し、心に神を呼び覚ましたのです。(釈迦はモンゴル系)

 

釈迦は仏像信仰とお経信仰を説いていません。イエス・キリストの手当てと同じように磁気療法を行っていたと考えられます。
一人の相手に合わせ対機説法でその場所で、生体磁石の磁気エネルギーを高め、その人に適した真理の言葉で語られ、磁気共鳴で心を伝える磁気テレパシー療法(手かざし)を行っていたのです。

 

釈迦の入滅から500 年間は仏像が作られていません。古代インドは聖なる人の姿を仏像で現すことを避けていたのです。釈迦は仏像信仰とお経信仰は勧めていない、日本は、仏像信仰、お経信仰を1500 年続けています。

 

釈迦は祇園精舎の鐘の響きで悟りの境地に導かれ出家と阿含経に記述されています

 

鐘

釈迦は祇園精舎の鐘の響きが生体磁石の磁気を高め、磁気共鳴で煩悩を取り除き悟りの境地に導くことを知っていたと考えられます。
諸行無常の鐘は中国の宋の時代、日本に渡来したと言われています。
除夜の鐘として現在も受け継がれています。日本は戦時中、鐘を強制没収し兵器にした悲しい歴史があります。
ゼロ磁場音響免疫療法は、釈迦が感じたゼロ磁場の奇跡を生む磁気エネルギーと諸行無常の鐘の響きを感じ、悟りの境地に導きます。日本のお寺の中にはゼロ磁場の悟りを無視し、お金儲けの葬式墓場利権の宗教になっているお寺もあります。(2015 年死者130 万人)

 

高層タワーマンションは 地磁気の弱い場所心と身体に害になります

 

イルカ、クジラ、鳩、ミツバチは脳のマグネタイトで地磁気で方向を感知します。
野生動物は、北を枕に寝る習慣をもっています。
地球の表面は、500~600 ミリガウス。超高層マンションの10 階以上や歌舞伎町などの磁気の弱い場所は、200~250ミリガウスです。
磁気の弱い場所は、植物の育ちが悪く、人間の心と脳に悪い影響を与えます。超高層マンションに住むには、お部屋の磁気エネルギーを高めることが大切です。

 

「5.1サラウンド」「映像3D」「VR酔い」耳で聞く技術さようなら!

 

耳の鼓膜で聞く「5.1サラウンド」「映像3D」「VR 酔い」は古い技術です
エンターテイメントは脊髄の感覚器官で楽しむ時代です