耳で聞くスピーカーの人工音は心と身体の害になります

 

映画・テレビ・音楽の業界の皆様は 急所脊髄の感覚器官への 響きが心と身体の病を治す最先端医学であることを知らなかった
耳の感覚器官への響きは、言葉、方向、距離、危険を感じます。感動と感情は、 脊髄で感じるのです。脊髄の感覚器官(中枢反射神経)への倍音の響きは、 人間の心を幸せにし、病を治す、最善の方法です
イカ墨から液晶テレビの原理を開発した西堀貞夫は、テレビ映像の響きの感動をより高めるため、耳でなく、脊髄の感覚器官で聴く、映像ホームシアターを開発しました。脊髄に響く重低音と、頭蓋骨に響く高音は、生命の危険信号としてDNAに記録させています。脊髄で感じる音域は、脊髄の部分により異なります。頭蓋骨は高音、骨盤は低音を感じます。脊髄への響きは、「身体が浮き上がる」「全身が音に包まれる」など心と身体が陶酔感に満たされます。

音響システムイメージ

 

スピーカーの電子音は死んだ音 身体が求める響きは 脊髄で聴く 生きた倍音の声

 

映像に目を奪われている時、急所脊髄の感覚器官「中枢反射神経」への生命の危険を伴う、身体を震わせる身体共鳴の激しい響きは、視覚と聴覚が一体化、協合現象で映像と響きの感動がより高まります。イカスミから液晶テレビの原理を開発した西堀貞夫は、テレビの感動をより高めるため、急所脊髄に響く音響システムを開発しました。脊髄の感覚器官「中枢反射神経」で映画・テレビを観る、聴くの感動は、エンターテイメント業界に革命を起こした。耳で聞くスピーカーの空気の伝える人工音は間違っていたのです。映画・テレビ・音楽の耳で聞く響きは、身体に害になる古い技術です。世界で初めて、耳の感覚器官ではなく、急所脊髄の感覚器官「中枢反射神経」でテレビ(映画)を倍音で楽しみ、心を幸せにし、病気を治す時代です。響きは最先端医学だったのです。

 

細胞はリズムと共鳴 ミクロの世界で 水の響きの音楽を奏でます

 

細胞は、分裂・増殖する過程で、身体の響きのリズムに共鳴。ミクロの世界で細胞は、美しい音楽を、水の伝える倍音の響きで奏でます。響きは、遺伝子と細胞を活性化させる不思議な力があるのです。人間は無音室に入ると死に至ります。60兆個の人間の細胞は、80%の水分を細胞内に取り込んでいます。細胞は、響きで分裂・増殖を繰り返し、死滅していく細胞を補強しています。細胞に伝える、倍音の生命のリズムは、正常な細胞を誕生させ、生命力を蘇らせます。お酒の麹の発酵は、細胞と同じように、ぶすぶすと音を発し、増殖します。がん細胞が、響きを嫌うのは、熱に弱いがん細胞が死滅するからです。太古の地球は、水と酸化鉄の塩の海。海で誕生した微生物は、塩水の中で鉄呼吸をしていました。酸素呼吸する現在の細胞へと進化したのです。鉄鉱山は酸化鉄を大量に含んだ、鉄呼吸微生物の化石の山です。人間の血液も強磁性鉄イオンを含むのはこのためです。

音響システムイメージ

 

今世紀最大の発明 脊髄に響く サラウンド倍音 音響システムは「映像を観る」「音楽を聴く」に革命を起こした

 

私達は毎日、スピーカーの人工音の伝える、低周波・高周波をカットした、テレビ・音楽・ラジオ・スマートフォンの電子音は身体に害になります。自動車・オートバイの雑音、工事の騒音など、心に響かない悪い音の氾濫で、耳と身体は休まることがありません。心と身体が求める音は、鳥のさえずり、風の音、川の流れの音、海の波の音など、身体の水分に共鳴する気持ちの良い、倍音の自然音です。都会に溢れるスピーカーの人工音や、心に響かない音(邪気)で、身体が病んでいるのです。自然音は倍音と呼ばれる、水と共鳴する響きです。録音した自分の声をスピーカーで聞くと、他人の声に聞こえます。心と身体が求める音は、水分と共鳴する倍音の響きです。私達の身体は80%が水分です。私達の声も、身体を震わせ倍音で発声しています。水分と共鳴する、水の響きの「波動」を身体は求めるのです。

 

耳で聞く空気の音では  映画・テレビ・音楽の世界に生き残れない 脊髄で聴く サラウンド倍音 音響免疫療法システム 脊髄の中枢反射神経への響きは 人間の心を変える

 

柔らかい中空ストローファイバー網構造体を震わせ、「バイオリンの弦」「パイプオルガンの共鳴管」「光ファイバー」を応用、弦と共鳴管の響きで、倍音の水と共鳴する音を、世界で初めて再現しました。ストラディバリウスは、弦と板鳴りの響きを高める為、動物の生きた「にかわ」で木材を貼り合わせます。科学接着剤で完全に接着すると響きません。弦の響きと、生きた「にかわ」の接着層が生む、響きの摩擦熱が、地球の断層が生む地磁気、磁気エネルギーを発生させます。びっくりです。音響ルームで、ゼロ磁場の「磁気の渦」が確認できます。血を舐めると、鉄の匂いと味がします。血液は強磁性の鉄イオンを含みます。音響チェアの倍音の激しい脊髄への響きは、人間の持つ生体磁石の磁気エネルギーを高め、テレパシー、超能力の磁気作用を高めます。

 

中華医学の治療効果の高い経脈・ツボ・脊髄に音楽を響かせます

 

脊髄に響く

板鳴りの響きと柔らかい網構造体を響かせ、中華医学の治療効果の高い脊髄の経脈・ツボに響きを浸透吸音します。『ゼロ磁場の奇跡』音響免疫療法は、耳で聞くことの出来ない重低音、音圧、ドキュメンタリー音を骨導音で身体共鳴の響きで聴かせます。肩にあてるバイオリン演奏者は、響きが身体共鳴し、体温が38℃に上昇すると言われています。コントラバスの演奏者は響きでガンが治ることは有名です。1981年、国立科学研究センター(フランス) の生物学者エレーヌ・グルマンと生体エネルギー研究所ファブイアンママンは、低周波の波紋の響きを正常な細胞と、がん細胞に聞かせた結果、ある可聴域の響きが、がん細胞を死滅させることを発見しました。映画・テレビ・音楽の響でがんに勝つ時代です。

 

トップへ戻る