がん患者2015年101万人が発症

白内障・緑内障は響きの科学で治す

 

白内障・緑内障イメージ

 

糖尿病で怖いのは目の障害です。ドロドロの血液が目の毛細血管障害を招く網膜症です。眼底出血から失明を招く危険性があります。
糖尿病、高血圧、高脂血症による汚れたドロドロの血液は、目の中の細い毛細血管を傷つけ破れ、小さな出血を起こし、毛細血管瘤ができ、出血した部分が見えなくなります。
薬を使い目の出血を抑えると光は一時的に戻りますが、瘢痕が残るため視力が失われます。この状態を繰り返していくと網膜剥離で失明します。

 

毛細血管のドロドロの血液をサラサラにし、血流を良くし血液循環機能を高めると、網膜の機能が蘇ります。
胎児を育てる羊水の波紋の響きは、胎児の尿と体液で汚れた羊水の水分子を変え浄化します。
血液と血管との血流による摩擦熱は、目の毛細血管の血管内皮細胞を若返らせます。

 

人工透析を勧められていた腎不全の患者さんが、網膜が若返る事を発見しました。
白内障・緑内障の患者の皆さまから「TV・音楽を脊髄で聴くと目が良く見える」という言葉を頂きました。

 

胎児を育てる羊水の波動エネルギーは胎児の尿で汚れた羊水を浄化し、血液を38℃に温めます。
羊水の響きに学んだゼロ磁場 音響免疫療法は、あなたの血液を即効的に38℃に温め、ドロドロの血液をサラサラにし、水分子を変え、血の流れを良くします。
血液と血管との摩擦熱は血管内皮細胞が活性化、目の毛細血管を若返らせるのです。

 

『リュウマチ』『痛風』『骨粗しょう症』には猫のゴロゴロの響きで骨芽細胞が活性化 骨が強化されますゴロゴロの響きで血液循環機能を高め自己免疫力で治す

 

リュウマチや痛風などは、ヘモグロビン(強磁性鉄イオン)が血液中の塩分により酸化、錆で循環機能が悪化することが、原因です。
血液を37~38℃に温めドロドロの血液をサラサラにし血液循環機能を高めることが大切です。

 

猫のゴロゴロは、25Hzで鳴くゴロゴロと50Hzで鳴くゴロゴロ、150Hzで鳴くゴロゴロの3種類あります。
(2013 年11 月10 日NHK アニマルパワーにて放送)ネコは、他の動物より骨折や病を早く回復させることが知られています。
ネコ科の食肉動物は単独で行動する為、怪我が多く死に繋がります。ゴロゴロは、骨芽細胞を活性化、骨を強くさせています。

 

ゴロゴロの響きは、心臓の鼓動と共鳴。血液循環機能を高めることで自分で病を治しているのです。
ネコ科の動物は、生き残る為に進化の過程で身に付けた最も進んだ最先端医学行為なのです。