世界で始めて薬を使わず 心臓の鼓動を強化し、血液循環機能を高め糖尿病・高血圧・高脂血症を自己免疫力で治します。

糖尿病・高血圧・高脂血症を映画・テレビ・音楽の心臓への響きで治す

 

糖尿病・高血圧・高脂血症を、映画・テレビ・音楽の脊髄から

心臓への音響チェアの響きで、心臓の鼓動、血管の脈動と同調。

マラソン選手のように鼓動を高め 運動効果で、血流を良くし

血液と血管との摩擦熱で、ドロドロの血液を温めサラサラにし、血流を良くします。

世界で始めて薬を使わず 心臓の鼓動を強化し、血液循環機能を高め

糖尿病・高血圧・高脂血症を自己免疫力で治します。

 

 

お母さんは羊水の響きで胎児を38℃に温め、尿で汚れた羊水を浄化、水分80%の細胞を育てます。
羊水の波紋の響きと電子レンジの電磁波の波紋の響きは同じ仲間です。お母さんは安全な電子レンジを応用、胎児を育てます。本当の話です。
胎児を38℃に温め、尿を浄化する羊水の、映画・テレビ・音楽の音響チェアの響きは、糖尿病・高血圧・高脂血症でドロドロに汚れた血液を響きの科学でサラサラにし浄化します。
薬を使わず汚れた血液を浄化する西洋医学の薬を超えた素晴らしい自己免疫療法です。

 

さまざまな発明活動を経て辿り着いた 響きで健康にする技術

 

私はこれまで長年、さまざまな分野の最先端技術の研究開発に携わってきました。
例えば、医療現場で使用されている【MRI(磁気共鳴画像法)】の原理、【液晶テレビの画像技術】、多くのエレクトロニクスに導入されている【電波吸収材】、人間の皮膚の【人工皮革と透水性フィルム】、【太陽光ソーラー発電システム】、【三次元構造体光ファイバーシステム】、【最先端オーディオシステム】、【ゼロ磁場磁気発電システム】、【高速道路衝撃吸収材】、【人工木材アインウッド】、【海の森昆布を再生する技術】、【水質浄化技術】・・・などなど、特許出願数にして約1200 件。

 

その中には「近未来社会を見据えた国家的プロジェクト」に属する重要機密事項といえる案件も多数含まれています。
しかし今日、発明で得た特許のほとんどは期限切れを迎え、各分野でほぼ一斉に自由に使われています。
自分が手がけた技術や仕組みが社会に浸透し、次々と「常識」として定着していく・。・・そうした展開を見届けるにつけ「、人類の発展に貢献できた」と喜びを感じると同時に、私の中に「まだ果たせない大きな開発のテーマ」が残されていることを強く意識するようになりました。
そのテーマこそが「ゼロ磁場磁気エネルギー」で、生命を健康に導くことだったのです。
この研究が実を結んだのが本書で紹介する【ゼロ磁場】であり、エンターテイメントの響きを応用した【音響免疫療法】です。