最期は元気でコロリと幸せに死ぬ夢を ゼロ磁場の奇跡 音響免疫療法は実現します。

西洋医学(糖尿病・高血圧・高脂血症・うつ病・アトピー・・)の薬漬けが血液を汚し臓器の機能・体温が低下し 血流が悪くなり脳血液・脳細胞を劣化させ多くの認知症患者が生まれた

 

 

昔の日本で、現代で言われるような認知症の老人 極度な記憶障害、人格変化、徘徊などをする人がいたでしょうか?
認知症の人が受診する神経内科も、科として設立されて50年も経っていません。
日本の高度経済成長、薬漬けの西洋医学が多くの認知症を産み出し効きもしない認知症薬を日本中でばらまいているのが、今の日本の現状です。
厚労省の発表によれば2025年には65歳以上の高齢者、5人に1人が認知症になるとの予測があります。

 

老人の脳梗塞が招く暴力は老人ホームの大きな問題 脳梗塞92万人

 

事件で老人ホームを追い出される老人が多いのが現実です。疲れた心臓を助ける脊髄の響きは、鼓動と血管の脈動を助けます。
血液と血管との摩擦熱は、血管内皮細胞を活性させ、血管を若返らせ、血液を温めサラサラにし脳への血流量を高め脳細胞を若返らせます。脳の毛細血管内皮細胞を若返らせる響きで、怒りっぽい脳梗塞が自然に治ります。

 

 

多くの認知症患者につきものなのが胃ろうです

 

重度の認知症を患っていて、自力で口から食事をとるのが難しい人や、食べ物を飲みこもうとするとむせてしまい、誤嚥性肺炎を引き起こす可能性が高い人という名目で胃ろうを行います。
介護者からすると、食事の準備や介護の負担が軽減、病院側では安定の収入源となります。
胃ろうとされると、無理やり手足縛られて口に食事詰め込まれて、「満腹になったか」と言われている状態です。
老後の幸せは認知症・アルツハイマーを防ぎ、寝たきりにならないで、家族と一緒に元気で健康に、自分の口で美味しい物を食べて暮らすことです。
ご自宅で映画・テレビ・音楽を脊髄で楽しみ、最期は元気でコロリと幸せに死ぬ夢を ゼロ磁場の奇跡 音響免疫療法は実現します。