中国政府は 全国人民代表大会で 老人を大切にするモデル事業として  西洋医学の薬では治療できない 老人痴呆(認知症)の予防と治療のため映画・テレビ・音楽の脊髄の響きの 音響免疫療法を採用「中国老齢事業発展基金」を投入します

 

釈迦を悟りの境地に導いた、諸行無常の鐘、チベタンボウルの鐘の響きを、急所脊髄に響かせる、ゼロ磁場 音響免疫療法は「宗教」「医学」に革命を起こした。
釈迦は「2600年前」諸行無常の鐘の響きと、チベタンボウルを脊髄に響かせ、煩悩を取り除き、悟りの境地に導かれ、出家しました。諸行無常の倍音の鐘の響きは、身体の水分と共鳴し発熱、心と身体を幸せにし、病を治します。
上海市政府は2018 第8回 上海国際健康産業博覧会に、チベタンボウルの響きのゼロ磁場 音響免疫療法の音響チェアを出展しました。 2018年12月12日~14日

音響システムイメージ

 

「諸行無常の鐘」「チベタンボウル」の 身体共鳴の 倍音の響きは 心と身体を幸せにし 病を治していたのです びっくりです!

 

釈迦は2600年前、諸行無常の鐘の倍音の響きで悟りの境地に導かれ出家しました。チベット密教、チベタンボルの鐘の倍音の響きは、5000年の歴史です。鐘の響きは、心を幸せにし病を治していたのです。倍音と呼ばれる鐘の、水の波紋の響きと、胎児を育てる羊水の響きは、電子レンジの電磁波の波紋の響きと同じです。羊水の倍音の響きが、胎児を38℃に温め、汚れた羊水を浄化、水分80%の細胞を育てます。倍音の響きは、空気より水の中が伝わります。身体は水分80%です。耳の感覚器官ではなく、急所脊髄の感覚器官、中枢反射神経への身体共鳴の倍音の鐘の響きは、身体を38℃に温め、ドロドロに汚れた、血液をサラサラに浄化します。倍音の響きは、西洋医学の薬を超えた病を治す自己免疫療法です。

 

中華医学の「薬」は「音楽の楽」が由来

 

耳の鼓膜の音は、言葉・方向・距離・危険を感じます。急所脊髄の響きは、感動と興奮を高め、 生存本能を高めます。映画・テレビ・音楽を耳で聞くスピーカーの人工音は、心と身体に害になります。 音響チェアで、急所脊髄の感覚器官に響く、倍音の音は、脳内麻薬・生体磁石の生体作用を呼び覚まします。 ゼロ磁場 音響免疫療法は、心と身体を幸せにし、認知症・うつ病を治します。

音響システムイメージ

 

アメリカは チベタンボウルの身体の響きは 健康保険の対象です

音響システムイメージ

チベタンボウルの倍音の響きは 身体が発熱 熱に弱いがん細胞を消滅させます

 

 

 

チベット密教 「チベタンボウル」の鐘の響きで 病を治す 音響療法の 歴史は 5000年

 

耳で聞くスピーカーの空気の伝える音楽療法では効果がないのです。諸行無常の鐘、 チベタンボウルの響きは「倍音」と呼ばれる身体の水分と共鳴する波紋の水の響きです。
響きは空気より、水中が伝わります。私たちの身体は、水分80%です。身体を震わせる倍音の響きは、私達の血液を浄化、心と身体を幸せにし、病を治していたのです。中国に現存する、5000年の歴史の最古の医学書『黄帝内経』には、病気を鐘の響きで治したと伝えられています。
鐘の響きは、病を治す西洋医学の薬を超えた自己免疫療法だったのです。仏教のお寺の鐘は、宋の時代に中国から日本に渡来しました。家庭の仏壇の仏具「おりん」として伝わっています。日本は、戦時中お寺の鐘を強制没収、兵器に変えた恐ろしい時代があります。

 

中華人民共和国 衛生部の中華医学は 針麻酔を応用 モルヒネを注射しません

 

脊髄に響く

西洋医学は、手術を受ける患者の苦痛と緊張を取り除くため、薬物「麻酔薬モルヒネ」を注射し眠らせます。 中華医学は、薬物モルヒネを注射しません。「針」の生体麻酔でモルヒネ様物質が生まれ、生体麻酔作用で痛みを感じさせません。脳を生体麻薬に満たし、心と身体を健康にします。映像ホームシアターの映画・テレビ・音楽の響きを骨導音で脊髄を震わせ、脳を生体麻薬に満たし、麻酔薬モルヒネ作用で心と身体を幸せにする、世界で最も進んだ身体に害のないエンターテイメント ケアです。映画・テレビ・音楽をチェアに響かせる脊髄の響きは臨場感と感動を高め、生体麻薬で人間の心を変えます。脊髄に衝撃を与える身体共鳴の響きは、視覚と聴覚が一体となり映像が立体的な3Dに感じます。中華人民共和国の中華医学の最先端療法として共同で取り組んでいます。

 

トップへ戻る