テレビ・音楽の響きで、味がまろやかになり美味しくなります。びっくりする味の変化を、お試しください。

脊髄から心臓に震わせ心臓の鼓動を高める音響チェアの羊水の響きはワイン・コーラ・ジュース・牛乳に聴かせると味が変わります血液が浄化されるのは当然です

 

胎児を育てる羊水の響きは胎児の尿で汚れた羊水を綺麗にします

羊水の響きに学び 映画・テレビ・音楽の響きで 糖尿病・高血圧・高脂血症で

ドロドロに汚れた血液をサラサラに即効的に浄化します

羊水の響きを応用 ゼロ磁場の奇跡 音響免疫療法です

 

母親の羊水の響きは、尿で汚れた羊水をきれいにします。ワイン・ウイスキー・コーラ・紅茶・牛乳にテレビ・音楽を聴かせると味が変化し美味しくなります。
ぜひ味の変化をお試しください。血液を舐めると鉄の臭いと味がします。血液もワインの味が変わるように、サラサラになり、水分子を変えます。
血液の味も変わるのです。西洋医学は血液にじゃぶじゃぶ薬を投与しますが、中華医学は生命の大切な川、血液に薬を投与しません。
血液に薬物を入れると腎臓、肝臓などの臓器の機能が低下、さらなる病を招き、病状を悪化させます。
血液は赤血球、白血球、血小板の細胞と血漿の塩水で出来ています。全身の細胞に酸素・栄養・熱を運び、老廃物を排泄し、細胞を元気にしています。

 

淀んだ血液の流れは老廃物を溜め込み、ドロドロの血液になります。テレビ・音楽の脊髄の響きで、血液を温めサラサラにします。
赤血球(強磁性鉄イオン)の磁気作用が高まり、塩分による血液の鉄サビが防がれ、血液と血管が若返り健康な身体が蘇ります。

 

 

腸内温度を39℃に温め、消化酵素を高めれば美味しい物をたくさん食べても平気です

 

胎児の腸内温度は、39.2℃です。腸や胃のちくわの内側は、外部と同じ生体外です。
胃や腸の内部は、外部に晒されています。野菜・肉・魚と一緒にウィルスや有害物が侵入します。
胃と腸の内部を胎児のように39.2℃に温めると消化酵素が活性化。殺菌と消化機能を高めます。

 

腸管は長いため、免疫細胞の60%が腸に局在しています。冷たい物を食べ、腸が低体温になると免疫力と消化酵素の機能が低下、消化排泄機能が悪化し便秘になります。
腸の老廃物の腐敗が進み、尿・便・汗・オナラが臭くなります。
腸を39.2℃に温め消化酵素を活性化させると消化排泄機能とろ過機能が高まり腸を浄化。毒素を外部に排出します。
玄米食や野菜などの食事療法を勧めても、腸を39.2℃に温め消化酵素が活性化しなければ意味がありません。