私たちは病を自分で治す中華医学の優れた音響免疫療法を開発しました。

生体麻薬・生体磁石の生体作用を呼び覚まします

 

日本人の多くはお医者さんの薬が病を治すと信じています。病は自分の持つ自己免疫力でしか治せません。病院の薬は病を治す手伝いをしているのです。
元気で不老長寿の夢は誰でもが持つ願いです。生涯を通じて病気に無縁の人はいません。西洋医学の救急病院は素晴らしい技術です。

 

現在の西洋医学は素晴らしい発展と進歩を遂げましたが、がん・糖尿病・うつ病・認知症・アトピー等は現代医学の検査漬け、薬漬けの方法では治せないのが現実です。

 

昔のお医者さんは聴診器で肺がんと風邪の違いが分かりました。手で感じる脈診は心臓の鼓動の強弱と血液の流れで生命力を察し、心の手当てで患者に安心感を与えました。
現代医学の病院は電子機器で人間の心を診ないでTVモニターで患者を診察します。検査漬けで患者を見つけ、薬で病を抑え、悪い部分を手術で取り除きます。

 

病の原因を無視し、現れた結果の対処療法を行っているに過ぎないのです。治している訳ではわりません。
薬は毒であり、毒をもって毒を制するのが西洋医学のやり方です。

 

このため、長期間服用すれば毒素が体内に蓄積、血液を汚し、臓器を悪くし、新たな病を招きます。
これにより薬の量が増え、病院と縁が切れない状態に陥ります。平均寿命こそ延びましたが、健康寿命は短くなり、多くの病を抱え、病院に通っているのが現状です。

 

コンブは鉄イオンと栄養塩で育ちます 世界で唯一鉄イオンでコンブを育てる網構造体を開発

 

海藻

太古の地球で誕生した微生物は鉄呼吸していました。酸素呼吸する現在の細胞に進化しました。細胞は鉄イオンを求めます。太古の海は酸化鉄、塩、ウランを含みます。海で誕生した昆布は、酸化鉄、塩、ウランを吸収し育ちます。細胞には、塩分、鉄イオン、ウランが深く関わっています。

 

放射能の除去に昆布のヨウ素が効果があるのはこのためです。鉄鉱山は鉄呼吸した微生物の酸化鉄の化石の山です。海藻や植物には鉄イオンが必要なのです。
海藻が海の中で育つには、栄養塩とミネラルを海藻が取り込むために必要な硝酸塩酵素と光合成に鉄イオンが深く関わっています。

 

西堀貞夫は胎児を育てる羊水の響きを研究し、海藻を育てる網構造体を開発しました。網構造体に鋳鉄を組み込み、海水の塩分を応用し、酸化鉄を発生させます。
海藻に必要な鉄分、栄養塩、ミネラルを鉄イオンが供給し、ヨウ素を含むコンブを蘇らせる素晴らしい技術です。網構造体培地に鉄を組み込み、酸化鉄が海中で溶け出し供給します。
網構造培地の藻場培地はバクテリアなどの生態系を育て、魚の餌場、繁殖地として生態系を回復させ魚貝類を育てます。

 

被爆国日本は原子力発電はやめるべきです

 

原発

国は子供の甲状腺がん、白血病を検査するだけで、予防しようとしません。
乳幼児は、細胞分裂が活発なため、大量の甲状腺ホルモンを分泌します。

 

大人よりも多く放射線ヨウ素を甲状腺に蓄積します。放射線物質ストロンチウムは白血病や骨のがんを引き起こします。

 

私たちは濃縮ウランが引き起こす甲状腺がん、白血病と戦うため血液、リンパ液、骨髄液を温め、循環機能を高めることで放射線などの有害物を排除します。ウラン235が怖い原子炉や核兵器に利用されています。

 

被爆国日本は福島原発事故の怖さを忘れてはいけない。濃縮ウランの汚染水の海への流出を防ぎ海を守るため、西堀貞夫は土の中に「水ガラス」注入を提案、濃縮ウランの汚染を止めました。

 

人類は地球規模の環境破壊をわずか100年で進行させ汚し続けています

 

豊かな暮らしを優先した人類は、大量の森林を伐採。川、湖、海を汚染し、自然を破壊してきました。膨大はエネルギーを消費、大量の廃棄物を排出、気候変動まで引き起こす地球規模の温暖化と環境汚染を進行させてしまいました。
私達誰もが環境悪化による気候の変化の兆しに気付いているはずです。西堀貞夫は環境省、経済産業省、国土交通省、農林水産省の開発助成金を受け、「地球環境を守る技術」、「人間の心と身体を幸せにする最先端医学」、世界で最も優れた技術を開発しました。夢を実現出来たことを神に感謝しています。

 

●環境大臣賞受賞「地球温暖化防止と環境保全」  ●日本発明協会奨励賞受賞「健康商品」

□環境省 環境事業団より助成を受け、再生樹脂を用いた水質浄化用植物用培地の開発研究を行っております。
 平成12 年度/ 再生樹脂を用いた水質浄化用植物用培地の研究開発費助成金
 平成13 年度/ 植物を用いた水質浄化技術の研究開発費助成金
□環境省より平成14 年度、次世代産業廃棄物処理技術基盤設備補助金を受けています。(水質浄化)
□環境省より平成16 年度助成金による網構造体で植物を使用し水質浄化させる研究
□環境省より平成17 年度助成金による網構造体で海藻を育て海をきれいにする研究
□環境省助成金による網構造体を応用 最先端医療「音響免疫療法」を開発
□環境省助成金による網構造体の響きを応用 映像音響システムを開発

 

●通商産業大臣賞受賞「JAPAN DIY SHOW 2000」 ●通産省環境立地局長賞受賞「自動車プラスティックリサイクル技術」

 

□経済産業省 NEDO( 新エネルギー・産業技術総合開発機構) より助成を受け、光触媒紙の応用技術開発
 平成12 年度/ ベンチャー企業国際共同研究開発費助成金
□農林水産省は、農業用フィルムのリサイクルでアインの技術を補助金対象としています。
□農林水産省林業庁より平成14 年度木質系材料等の開発補助金を受けています。

 

●日本経済新聞の日経BP技術賞受賞「プラスティック乾式洗浄技術」 ●東京商工会議所会頭賞受賞「木材の有効利用」 ●DIY協会/金賞受賞「アドバイザー推奨賞」> ●DIY協会/審査委員会賞金賞受賞「人と環境に優しい商品」

 

□国土交通省( 中部技術事務所)と共同で、『地球環境保全』をテーマに間伐廃木材利用型枠を共同開発しています。
□日本道路公団と共同で、『廃木材』と廃プラスチックを利用し、木質騒音パネルを共同開発しています。
□日本道路公団と共同で、高速道路用自動衝撃吸収材の開発を行っています。

 

西堀貞夫は多くの賞を受賞しましたが、究極の「気」のエネルギーと心をマインドコントロールする研究のため 2000年以降全ての賞を辞退しています。

 

世界で最も進んだ最先端技術を開発   特許出願 1,200件

 

廃木材、廃プラスチックから複合木材 ゼロ磁場の磁気エネルギー発電システム 呼吸する人間の肌の人工皮革と透水性フィルム 網構造体鉄イオンブロックのコンブ蘇生
網構造体ブロックを応用した水耕栽培 最先端のオーディオシステム 和紙による光触媒技術 太陽光ソーラー発電システム
植物の根による網構造体水質浄化 三次元構造体光ファイバーシステム 高速道路衝撃吸収材 イカ墨から電波吸収材
網構造ブロックフィルターによる水質浄化 最先端映像ホームシアター イカ墨から液晶テレビ 網構造ベッド

 

 

借金1000兆円 国家予算100兆円 医療関係50兆円 税収入50兆円年50兆円の赤字は国債で借金。日本は医療費で潰される

 

日本人の多くはお医者さんの薬が病を治すと信じています。薬害は更なる病を発症させます。恐ろしい現実です。
生命をお金儲けにした間違った医学です。マスコミはスポンサーである製薬会社のPR に協力、国民を薬漬けにします。私たちの提案するゼロ磁場の奇跡 音響免疫療法は国を救う最善の方法です。

 

明治時代に自分で病を治す東洋医学を捨て、薬中心の西洋医学の道を選びました。中国は、蒋介石の時代『気』中心の中華医学を捨て西洋医学にしましたが、毛沢東政権により病を自分で治す中華医学を残した素晴らしい国です。予防と自分で病を治す大切さを学校で教育しています。

 

日本の教育は自分で病を治す大切さを教えません。私たちは国を救うために奇跡を起こすゼロ磁場の奇跡 音響免疫療法を提案します。国は薬事法・医師法を理由にエンターテイメントケアの治療効果を規制、利権を守る構造が日本の国を滅ぼします。皆様とともに薬漬けの間違った西洋医学と闘っていきます。