認知症の 脳を若返らせる方法が 分かってきました

超能力・テレパシー 心を伝える 原理は磁気共鳴です

 

錆びて劣化した脳細胞と脳血液の磁気を高めることで、心を伝える磁気共鳴作用の高まり、脳血液・脳細胞の脳が活性化し、生き生きとした顔になり、表情がよくなります。驚きです。世界で初めて、認知症患者の表情が生きた顔に変わります。本当に認知症を治す方法が分かってきたのです。

 

血液は鉄の匂いと味がします。赤い血液、赤血球(強磁性鉄イオン)は鉄分を主成分としています。血液も釘(くぎ)と同様に錆びるのです。
血液のさびた酸化鉄は、血液をボロボロにします。磁気エネルギーの強い黒鉄(二価鉄)に変えることが大切です。脳細胞・脳血液の錆びと脳への血流の悪さが、認知症を招くのです。

 

西洋医学は血液の鉄分の酸化作用と、血液の錆びの研究をしていません。西洋医学は血液を汚し錆びを招く薬を投与します。薬では認知症を治せないどころか、さらに進行させるだけです。医者は馬鹿だ、超能力・テレパシーの磁気共鳴作用を分かっていない。

 

ご自宅で映画・テレビ・音楽を脊髄で楽しみ、認知症を治し元気にすることを私たちは提案します。
厚生労働省の発表によれば、2015 年75 歳以上の高齢者の医療費は一人929,000 円、14 兆255 億円です。65歳以上は3,514 万人で25 兆5276 億円。日本は高齢者医療で破綻します。
日本の医療費は45兆円。税収入は50 兆円。日本は医療費で破綻します。
私達が提案するのは、毎日、映画・テレビ・音楽の響きで疲れた心臓を助け、血流を良くし、脳細胞を若返らせ認知症を映像と響きの科学で治す、ゼロ磁場 音響免疫療法です。

 

ご自宅で テレビ・音楽を家族と一緒に楽しみ認知症を治す時代です 認知症は病院の 薬では治せません

 

「脳への血液の血流不良」
「低体温による血液の冷え」
「脳細胞・脳血液のサビによる磁気作用の劣化」
「腎臓の機能低下による血液の濾過不良」
「心臓の鼓動の衰えによる血流不良」
「頭蓋骨の締まり」が原因。
「うつ病は病気ではない、血流不足が原因」

 

超能力・テレパシーの 磁気共鳴作用を高めると 脳が活性化認知症の 脳が若返ります

 

映画・テレビ・音楽の音響チェアに座り、羊水の響きで急所脊髄から心臓に聴かせます。
心臓の鼓動と同調する響きは、鼓動を強化、マラソン選手のように運動効果で鼓動を高め、血液の血流を良くします。
血液と毛細血管との摩擦熱はドロドロの血液を温め、サラサラにし、錆びた血液の磁気作用を高めます。
響きの科学で、脳への血流量を増やし、脳血液・脳細胞を活性化、脳血液の磁気を強化、超能力・テレパシーの磁気共鳴作用の高まりが認知症を自然に治します。

 

世界で初めて 認知症に薬を使わず音響チェアに座り 映画・テレビ・音楽の響きを脊髄に響かせ脳への血流を増やし 脳細胞を活性化させると認知症に勝つ ゼロ磁場 音響免疫療法を開発しました

 

・血液を温め、脳への血流を良くし、脳神経・脳細胞を温め、活性化します。
・疲れた心臓の鼓動を助け、血液を温め、サラサラにし、脳への血流を増やし、サビを取り除き、脳細胞・血液の磁気共鳴作用を高めます。
・腎臓の濾過機能を高め、血液に含まれる尿を浄化、脳への血液を綺麗にします。
・脊髄・骨盤・頭蓋骨を緩め、脳への締まりを取り除きます。