脳梗塞は脳の毛細血管が詰まり、脳細胞の壊死がおこす病気

認知症の脳梗塞が招く暴力は、老人ホームの大きな問題です

 

多くの皆様が気づいていない老人ホームの認知症の脳梗塞が招く暴力は大きな問題です。
脳梗塞は脳の毛細血管が詰まり、脳細胞の壊死がおこす病気です。推定患者92万人。特に夏に多く発症します。

 

今、老人ホームで一番大変なことは、老人の暴力を防ぐことです。
私たちはテレビ、音楽の響きで「脳細胞」「脳の毛細血管」「脳血液」を活性化することで、自己治癒力で簡単に自分で治せる音響免疫療法を推薦します。

 

老人社会の一番の問題は認知症の脳梗塞による暴力事件を無くすこと。
現在、老人ホームを追い出しにあっている老人が多い現実を日本の医学と介護施設は考えていない。
厚生労働省と医師会は狂っている。対策すら出来ない。狂った日本の医学と老人ホームです。

 

私たちは怒りを感じています。老人は元気で幸せにピンコロの夢が叶うはずです。日本のマスコミは製薬会社と医師会に協力し国民を薬漬けにしている。

 

車椅子に乗る老人いじめ