西堀貞夫は、猫が病を治すゴロゴロ響きと秋の虫の響きをCD化しました。

イルカのエコーロケーションの水の響きは人間の心を幸せにする

 

イルカ

イルカのエコロケーションの響きは15 万Hzの水の波紋の響きです。レントゲンと同じ仲間です。
イルカは海底の海藻や泥に隠れた魚にレントゲン撮影で照射し、骨格を確認し水の響きの15万Hzの超音波の水の波動エネルギーで魚を気絶させ苦しませない状態で食べています。
西堀貞夫が注目したのは魚を気絶させる水の波紋の響きです。

 

柔らかい網構造体を激しく震わせ、ゼロ磁場エネルギーを生む量子力学、水の波紋の響きを科学的に再現しました。
胎児を38℃に温める羊水の響きもレントゲン撮影と同じ水の波紋の響きです。

 

イルカ・クジラの磁気センサーを狂わすゼロ磁場磁気エネルギーの渦

 

ザトウクジラが巨大な身体から発する響きは海の歌手として有名です。
魚が恐れる低周波の大音響の大きな波の響きの波動エネルギーと泡の響きを伝えます。
宇宙や海洋性の惑星のエネルギーを感じさせるのです。ザトウクジラの大きな波の響きは50 キロ先まで届きます。

 

海底の断層地帯で発生する巨大な地震は、N極S極を示さないゼロ磁場磁気エネルギーの渦を海中で発生させます。
ゼロ磁場はイルカ・クジラは磁気センサーの機能が狂い、N極S極が判断出来なくなり地上に打ち上げられます。

 

イルカ・クジラの磁気センサーを狂わすゼロ磁場磁気エネルギーの渦

 

海底の断層地帯で発生する巨大な自身はN極S極を示さないゼロ磁場磁気エネルギーの渦を海中で発生させます。
ゼロ磁場はイルカ・クジラは磁気センサーの機能が狂い、N極S極が判断出来なくなり地上に打ち上げられます。

 

猫は『ゴロゴロ』で病を治す名医

 

猫

獣医学者の間では、ネコは他の動物より骨折や病を早く回復させることが知られています。
ネコ科の肉食動物は単独で行動、怪我が死に繋がります。生き残るため、進化の過程で身に付けたのが「ゴロゴロと身体を震わせ病を治すメカニズム」です。

 

ネコはお産の苦しい時も、ゴロゴロと響かせ血液を温め、血管を広げ、血流を良くし痛みを取り除き出産します。
死を迎える時、ゴロゴロ(150Hz)と喉を鳴らし安楽死します。痛みを緩和、呼吸困難を和らげ、苦しまずに死を迎える末期医療にゴロゴロを応用しています。

 

骨を震わせる響きは骨芽細胞を活性化し、骨密度を高め、骨折を早く治します。(ニューヨーク州立大クリントンルービン博士はネコの20~50Hzの響きが骨折を治し、骨を強化していると1999年に発表しました。)

 

ゴロゴロの響きの波動エネルギーの摩擦熱はドロドロに汚れた血液をサラサラにし、糖尿病、高血圧を自己免疫力で自分で治します。

 

ネコのゴロゴロは、自分で病を治す世界で最も進んだ医療行為です。
ネコは磁気の強い場所を敏感に感じ探して寝ています。

 

中華人民共和国 中国衛生部 解放軍総医院301と共同で量子力学(物理学)の羊水の波紋の響きで病を治す究極の自己免疫療法に取り組んでいます

 

中国湖北省の蓮花山はゼロ磁場で有名です。日本の科学者が蓮花山の地殻を科学的に計測したところ、そこは地球上で有数の断層地帯に近いことが分かりました。
地磁気の変動が顕著であり、地球学的に岩石に特殊性が見られるゼロ磁場に近い磁場になっています。
蓮花山付近は磁気エネルギーが蓄積されたゼロ磁場の奇跡を生む聖地です。
この場所は物が腐らないとか、免疫力が高まる、植物が良く育つなど、不思議な現象が起きています。