羊水の響きは生きている自分の声 空気の音は死んだ音

 

用水の響きを再現した音響チェア

 

赤ちゃんのおしっこ

母親の羊水の波紋の響きは、胎児を38℃に温め、尿で汚れた羊水を浄化、水分80%の若い細胞を育てます。
胎児を育てる羊水の横波の響きと、電子レンジの電磁波の波紋の横波は同じ仲間です。お母さんは安全な電子レンジで胎児を育てていたのです。びっくりです。

 

耳で聞く空気の音では胎児は育ちません。胎児を育てる母親の体温は36℃、羊水の波紋の水の波動エネルギーが胎児を38℃に温めるのです。
胎児は脊髄の感覚器官、中枢反射神経で水の響きで音を感じていました。耳で音を聞いていないのです。

 

羊水の生きた響きは 体内細胞を若返らせます 空気の音では細胞は育たない

 

音響チェアの羊水の響きは、身体を胎児のように38℃に温め、ドロドロに汚れた血液をサラサラに浄化、血流を良くし、水分80%の若い細胞に蘇らせます。細胞は毎日新しい細胞に生まれ変わります。
歳を重ね60歳の細胞の水分は50%に減少、しみ・しわの多い老化した身体になります。羊水の響きの音響チェアは、老化した60兆個の体内細胞を、水分80%の赤ちゃん細胞に若返らせるのです。

 

羊水(海水)の中で胚子の魚の時代、両生類、爬虫類、原子哺乳類、人間へと35億年の生物進化を見せて胎児となります。
胎児は耳でなく、脊髄の感覚器官で水の響きで音を聴いていました。私たちが脊髄の響きに興奮するのはこのためです。
胎児は母親の心臓、肺呼吸を脊髄で感じていました。母親の伝える生命のリズム、呼吸数18(海の波の数)回、体温36℃、心拍数72回、血圧144Hz、288日で胎児となります。

 

母親の心臓と肺呼吸の激しい響きに、胎児は生命の危機を感じます。響きはDNAに生命の危険信号として記録されています。
私たちの脊髄への激しい響きが心と身体をマインドコントロールします。母親は胎児の体温が低下すると、羊水を増やし子宮内圧を高め、水の波動エネルギーの摩擦熱を強化、胎児の体温を38℃に温めます。
赤ちゃんは、胎内で母親の目と心を通して、超能力・テレパシーの磁気共鳴作用で外の景色や喜びや悲しみを感じていたことを3歳頃まで記憶しています。
母親が感じた悪い感情やストレスは胎児の心にトラウマとして潜在意識に残ります。胎児に話しかけ、お腹に手を当てる胎教はとても大切です。

 

母親と胎児は お互いの血液の磁気を通して 磁気共鳴作用で心を伝え合っています

 

胎光

羊水の中に生まれる「胎光」はゼロ磁場磁気エネルギーの「魂の渦」です。
胎光は臨月に近づくと、赤ちゃんの心臓に宿り生命の「魂」が誕生します。肉体は滅んでも「魂」は親から子へさらに孫へと「輪廻転生」し生き続けます。

 

胎児は母親の「生きている」羊水の生命のリズムで心臓の鼓動、血管の脈動のリズムと同調、鼓動と脈動を高め、血液(強磁性鉄イオン)と血管との血流による摩擦熱で磁気が発生、磁気共鳴でお互いの心を伝え、さらに身体を38℃に発熱、血液循環 磁気エネルギー発電システムで、胎児の生命を維持します。

 

音響ルームを訪問され、音響チェアで神秘的な「魂の渦」 現象が目と身体で確認できます。是非訪問され、心と身体を幸せにし、健康に導くゼロ磁場の「輪廻転生」と神秘的な世界を体験されることをお勧めします。

 

胎児は母親の「生きている」羊水の響きを 脊髄の感覚器官で感じます

 

胎児期、私たちは母親の羊水の中で、耳でなく脊髄の感覚器官で音を感じていました。急所脊髄の響きに、心と身体が興奮するのはこのためです。生命の急所脊髄の「中枢反射神経」の感覚器官に、映画・TV・音楽を響かせ、生体磁石の磁気共鳴作用と生体麻薬の麻酔覚醒作用で死の恐怖心を取り除き心と身体を幸せに導きます。

 

神は 自分の心の中の魂にあります

 

祈る女性

イエス・キリスト がゼロ磁場の聖地エルサレムで施した手当は、ゼロ磁場で磁気エネルギーを高め、超能力・テレパシーで、相手を思う磁気に受け手が磁気共鳴しあうことで、心と身体を幸せにし、生命に奇跡を起こしました。幸せの神は自分の心の中にあります。磁気エネルギーの渦 魂が人間の心と身体に与える、神秘的な信仰、神のメカニズムを量子力学、響きの科学で解明しました。急所脊髄を震わせる身体共鳴の激しい響きは、死の恐怖心を取り除き、魂を揺さぶります。ゼロ磁場音響免疫療法は心の神を呼び覚まします。

 

宗教の信仰心はゼロ磁場の磁気に心が共鳴 幸せに導くことです

トップへ戻る