がんの専門医は、家族や自分に抗がん剤を投与しないという話は有名です。

がん専門医の多くは家族や自分に抗がん剤を投与しない

 

がん専門医は自分や家族に抗がん剤を投与しないという話は有名です。がん治療に抗がん剤の投与はがん克服に役立たない事が明らかになってきました。
患者の生命を弱め、寿命を短くしてしまいます。この危険な事実をがん専門医は見ているからです。病院は利益の為、がん患者の死を早めても抗がん剤を投与します。
今までがんに勝つ自然療法は無かった。世界で初めて開発された、羊水の響きに学んだ音響免疫療法は、胎児のように血液、細胞、リンパ球を38℃に温めます。
羊水の響きの科学は、熱に弱いがん細胞を自己免疫力で勝つ、身体に害の無い自然療法です。
このゼロ磁場の奇跡 音響免疫療法が開発された現在、自己免疫力を奪う抗がん剤投与は殺人です。
がん細胞を37.5℃から39℃に温める羊水の響きを、 ぜひ癌患者の皆様に体験して頂きたいと願っています。

 

“NO! 抗がん剤” ゼロ磁場 がんは怖くない音響免疫療法学会
http://www.no-kouganzai.com(No!抗がん剤でがんに勝つ協会ホームページ)

 

抗がん剤で殺されるな

 

メディカルコンサルティングを検索してみてください。多くの医療経営コンサルティングが存在します。
利益追求の戦略や患者への対応をMBAを取得した経営コンサルタントがお金儲けの医療を、医師に指導しています。お医者さんは患者の生命よりも病院の利益を優先してしまいます。
病院は抗がん剤投与を勧めますが、抗がん剤を投与する前に、羊水の響きに学んだ、映画・テレビ・音楽の響きで、体温を38℃に温め、血液の磁気を高め、水分80%の若い細胞を育てる音響免疫療法は、自己免疫力を高めがんに勝つ体質にします。
ぜひ、脊髄で聴く音響免疫療法を視聴ルームで体験されることをお勧めします。

 

がんの専門医は、家族や自分に抗がん剤を投与しないという話は有名です。
抗がん剤投与は患者の生命を弱らせ、寿命を短くしてしまうという危険が極めて高いことをがん専門医は見ているからです。
「抗がん剤ではがんを治せない」は常識。それが分かっていても、病院の利益のために患者の死を早めてまでも抗がん剤を投与するのです。

 

抗がん剤投与をやめたら、「病院」「製薬会社」「医師」「医療従事者」の経済問題になるからです。抗がん剤治療の利権構造は、16兆円と言われています。
抗がん剤の利権構造がいかに大きいかお分かりですか?抗がん剤でがんは治せますか?という質問に対して、厚生労働省のがんの専門技官は、「抗がん剤ががんを治せないのは常識」「抗がん剤は猛毒である」「抗がん剤は強い発がん物質である」「抗がん剤は臓器の癌を発生させる」「がん細胞は薬に耐性を持つ」と、これら事実とあっさり認めたのです。(徳間書店:船瀬俊介「知ってはいけない」から引用)。

 

さらに、がん検診は市場開拓の罠、がん検診は受けてはいけない。「えっ?」という返事が返ってきます。
職場健診、人間ドックなど検査システムが推奨されていますが、日本のがん治療は検査機器が進んでいるだけで、がんに勝つ自己免疫療法は開発されていません。
がん検診で患者を探しだす抗がん剤投与のお金儲けの病院の手段です。アメリカの最新医学は、抗がん剤や、放射線の治療から抜け出しつつあります。
日本だけが、がん死亡率が上昇し続けています。アメリカはがん死亡率を減らすことに成功しました
。アメリカで売れなくなった抗がん剤の販売先が日本になっています。アメリカは中華医療の比重を高くする国家プロジェクトを行っています。
私たちはがんに勝つ自己免疫療法を開発、抗がん剤で殺されない為に「NO! 抗がん剤 ゼロ磁場ならがんも怖くない音響免疫療法学会」を設立しました。