お母さんは羊水の響きで「胎児を38℃温め」「尿で汚れた羊水を浄化」 「水分80%細胞」を育てます羊水の響きの 病を治す 最善の方法です

 

「胎児を38℃温め」「尿で汚れた羊水を浄化」「水分80%細胞」「骨芽細胞」 を育てる 母親の羊水の響きは 西洋医学の薬を超えた 病を治す 最先端療法です

 

胎児を38℃に温める 羊水の響きは 生きている身体と骨を震わせる 自分の声 空気の音では 胎児は育たない

赤ちゃんは胎児期、羊水の中で、母親の目と耳を通して、母親の感じた外部の景色や喜びや悲しみを、感じていました。3歳まで、体内の記憶の物語として話します。お互いの血液の磁気が共鳴、超能力、テレパシーの磁気共鳴作用で、母親が感じた悪い感情やストレスを胎児は心に感じ、トラウマとなります。母親の心を感じるのです。母親の感じたネガティブな感情は、胎児の心にトラウマを生み、大人になっても悪い潜在意識として残ります。母親は羊水の響きで、20,000〜150,000Hzで、耳でなく、脊髄の感覚器官(中枢反射神経)に響かせ、胎児を育てます。空気の音、20〜20,000Hzでは胎児は育ちません。胎児に話しかけ、お腹に手を当てるなどの胎教が大切です。胎児期、私達は母親の羊水の中で耳ではなく、脊髄の感覚器官(中枢反射神経)で音を感じていました。生命の急所、脊髄への響きが「感動」と「興奮」を高めるのはこのためです。胎児期、母親の伝える生命のリズムを脊髄で感じて育ちます。呼吸18(海の波の数)、体温36℃、心拍数72、血圧144Hz、288日で赤ちゃんの誕生となります。母親の激しい、生命の危険を伴う脊髄への響きは、胎児のDNAに生命の危険信号として記録されています。私たちは耳ではなく、生命の急所脊髄への響きに感動と興奮を感じるのです。

 

 

胎児を38℃に温める 羊水の響きの映画・テレビ・音楽の 脊髄の (中枢反射神経)への骨導音の響きは 身体が発熱 熱に弱いがん細胞を消滅させます

 

胎児を38℃に温める、母親の羊水の波紋の響きを、がん患者の身体に 響かせると、熱に弱い、温熱感受性のがん細胞は熱を吸収し、がん細胞の温度が上昇、死滅します。60歳の年齢は低体温、さらに、細胞の水分が50%に低下(赤ちゃんの細胞の水分は80%)がん患者が多くなります。 中国は、がん治療に身体を発熱させる羊水の響きを導入しました。

あらゆる病気の最大原因が、血流不全と体温低下なのです。

 

 

 

高齢者の一日の平均TV 視聴時間は約8時間、一日の1/3の時間に相当します。
テレビ・音楽を脊髄で楽しみ、脳細胞を若返らせ、認知症を治す夢の時代が到来したのです。
平成24 年の内閣府調査では、自宅で人生の最期を迎えたいと希望する人が全体の56.6%にのぼりました。
多くの方々の在宅医療の願いを叶えるため、ご自宅で映画・テレビ・音楽を音響チェアで毎日楽しみ、認知症の脳を若返らせることをお勧めいたします。

 

胎児期聴いた38℃に温め がんを消滅させる 母親の羊水の響きを試聴ルームで身体で体験できます

 

ご自宅で映画・テレビ・音楽を音響チェアで脊髄で楽しみ、認知症を治し元気にすることを私たちは提案します。
厚生労働省の発表によれば、2015 年75歳以上の高齢者の医療費は一人929,000 円、14兆255億円です。65歳以上は3,514万人で25兆5276億円。
日本は高齢者医療で破綻します。日本の医療費は45 兆円。税収入は50 兆円。日本は医療費で破綻します。
私達が提案するのは、音響チェアで毎日、映画・テレビ・音楽の響きで疲れた心臓を助け、血流を良くし、脳細胞を若返らせ認知症を映像と響きの科学で治す、ゼロ磁場 音響免疫療法です。

 

胎児の尿を浄化する母親の羊水の響きに学んだ音響免疫療法は 映画・テレビ・音楽の骨導音の響きで糖尿病・高血圧・高脂血症で汚れた血液を サラサラに浄化します

胎児の尿を浄化する 母親の羊水の響は 糖尿病・高血圧で汚れた血液を浄化します 母親の羊水の響きを 試聴ルームで 体験できます

 

諸行無常の鐘・映画・テレビ・音楽の、脊髄から心臓への倍音の響きは、心臓の鼓動血管の脈動を高め、血流を良くし、血液(強磁性鉄イオン)と血管との摩擦熱でドロドロに汚れた血液を浄化、サラサラにし血流を良くし、さらに血液の磁気を高めます
倍音の響きで、薬を使わず、心臓の鼓動を強化、血液循環機能を高め 糖尿病・高血圧・高脂血症でドロドロに汚れた血液を即効的に浄化します。 病院で検査しデータで確認できます。

汚れた血液を 映画・テレビ・音楽の 倍音の響きで 浄化する時代です