認知症の脳は 諸行無常の鐘の響き悟りの境地で治す時代です

TEL

シンキングボウルの高音の響きは 頭蓋骨を緩め 認知症を治す

 

シンキングボウルシンキングボウルの高音の響きは、頭蓋骨を緩め、脳への血流を高め、錆びて劣化した脳細胞と脳血液の磁気を高めることで、心を伝える磁気共鳴作用の高まり、脳血液・脳細胞の脳が活性化し、生き生きとした顔になり、表情がよくなります。驚きです。世界で初めて、認知症患者の表情が生きた顔に変わります。本当に認知症を治す方法が分かってきたのです。

 

血液は鉄の匂いと味がします。赤い血液、赤血球( 強磁性鉄イオン)は鉄分を主成分としています。血液も釘(くぎ)と同様に錆びるのです。血液のさびた酸化鉄は、血液をボロボロにします。磁気エネルギーの強い黒鉄(二価鉄)に変えることが大切です。脳細胞・脳血液の錆びと脳への血流の悪さが、認知症を招くのです。

 

西洋医学は血液の鉄分の酸化作用と、血液の錆びの研究をしていません。西洋医学は血液を汚し錆びを招く薬を投与します。薬では認知症を治せないどころか、さらに進行させるだけです。医者は馬鹿だ、超能力・テレパシーの磁気共鳴作用を分かっていない。

 

ご自宅で映画・テレビ・音楽を脊髄で楽しみ、認知症を治し元気にすることを私たちは提案します。
厚生労働省の発表によれば、2015年75歳以上の高齢者の医療費は一人929,000円、14兆255億円です。
65歳以上は3,514万人で25兆5276億円。日本は高齢者医療で破綻します。日本の医療費は45 兆円。税収入は50 兆円。日本は医療費で破綻します。
私達が提案するのは、毎日、映画・テレビ・音楽の響きで疲れた心臓を助け、血流を良くし、脳細胞を若返らせ認知症を映像と響きの科学で治す、ゼロ磁場 音響免疫療法です。

 

 

高血圧・糖尿病の薬 降圧剤は血液を汚し 脳への血圧を下げるため脳細胞が劣化 認知症を発症させます

 

糖尿病・高血圧・高脂血症の血液を汚す薬漬けを長年続けると、臓器の機能が低下、体温も低下し、脳への血流が悪くなり、脳細胞、脳血液を劣化させ、多くの認知症患者が生まれます。

 

昔の日本は 認知症という病気はなかった

 

現代に言われているような、認知症の老人、極端な言語障害、人格変化、徘徊などをする人がいたでしょうか? 認知症の人が受診する神経内科も日本の高度経済成長、薬漬けの西洋医学が、認知症を生み出したのです。
効きもしない認知症の薬を、日本中にばらまいているのが、今の日本の現状です。 厚生労働省の発表によれば、2025年には65歳以上の高齢者、5人に1人が、認知症になるという予測があります。

 

認知症は脳への血流不足と脳細胞の磁気の錆です錆を取り除くと脳は若返ります

 

シンキングボウルの高音の響きは 頭蓋骨を緩め 脳への血流を良くします
ご自宅で テレビ・音楽を家族と一緒に楽しみ 認知症を治す時代です 認知症は病院の 薬では治せません

 

「脳への血液の血流不良」
「低体温による血液の冷え」
「脳細胞・脳血液のサビによる磁気作用の劣化」
「腎臓の機能低下による血液の濾過不良」
「心臓の鼓動の衰えによる血流不良」
「頭蓋骨の締まり」が原因。
「シンキングボウルの高音の響きは認知症を治す」

 

超能力・テレパシーの 磁気共鳴作用を高めると 脳が活性化認知症の 脳が若返ります

 

映画・テレビ・音楽・シンキングボウルの音響チェアに座り、羊水の響きで急所脊髄から心臓に聴かせます。
心臓の鼓動と同調する響きは、鼓動を強化、マラソン選手のように運動効果で鼓動を高め、血液の血流を良くします。
血液と毛細血管との摩擦熱はドロドロの血液を温め、サラサラにし、錆びた血液の磁気作用を高めます。
響きの科学で、脳への血流量を増やし、脳血液・脳細胞を活性化、脳血液の磁気を強化、超能力・テレパシーの磁気共鳴作用の高まりが認知症を自然に治します。

トップへ戻る