自己免疫力を奪う抗がん剤投与はもはや殺人です

ゼロ磁場でガンに勝つ協会を設立しました

 

がんでお悩みの患者とご家族のみなさまへ
本書をご覧になっている方は、がんと診断されたご本人、再発した方やご家族、知人の方も多くいらっしゃると思います。
抗がん剤投与で死亡する怖さを知っているのは、日本人口1/4の家族の方達です。

 

がんの専門医は、家族や自分に抗がん剤を投与しないという話は有名です。
抗がん剤投与は患者の生命を弱らせ、寿命を短くしてしまうという危険が極めて高いことをがん専門医は見ているからです。

 

「抗がん剤ではがんを治せない」は常識。それが分かっていても、病院の利益のために患者の死を早めてまでも抗がん剤を投与するのです。
がんを自分で治す自己免疫療法を認めてしまったら、「病院」「製薬会社」「マスコミ」「医療機器会社」「医師」「医療従事者」の経済問題になるからです。

 

抗がん剤治療の利権構造は、16兆円と言われています。抗がん剤の利権構造がいかに大きいかお分かりですか?
抗がん剤でがんは治せますか?という質問に対して、厚生労働省のがんの専門技官は、「抗がん剤ががんを治せないのは常識」「抗がん剤は猛毒である」「抗がん剤は強い発がん物質である」「抗がん剤は臓器の癌を発生させる」「がん細胞は薬に耐性を持つ」と、これら事実とあっさり認めたのです。(徳間書店:船瀬俊介「知ってはいけない」から引用)。

 

さらに、がん検診は市場開拓の罠、がん検診は受けてはいけない。「えっ?」という返事が返ってきます。
職場健診、人間ドックなど検査システムが推奨されていますが、日本のがん治療は検査機器が進んでいるだけです。

 

がん検診で患者を探しだす抗がん剤投与のお金儲けの病院の手段です。アメリカの最新医学は、抗がん剤や、放射線の治療から抜け出しつつあります。

 

日本だけが、がん死亡率が上昇し続けています。アメリカはがん死亡率を減らすことに成功しました。
アメリカで売れなくなった抗がん剤の販売先が日本になっています。アメリカは中華医療の比重を高くする国家プロジェクトを行っています。

 

猛毒の抗がん剤は髪の毛が抜け、激しい嘔吐、激しい下痢を招き凄まじい副作用で生命を縮めます。
私たちは抗がん剤で殺されない為に「NO!抗がん剤でがんに勝つ協会」を設立しました。