血管と血液の摩擦熱は血管内皮細胞が活性化、毛細血管を若返らせます。

認知症は脳への血流不足と脳細胞の磁気の錆です錆を取り除くと脳は若返ります

 

 

血液の脳への血流不足と血液の錆が脳細胞を劣化させ、認知症を招きます。
老人の疲れた心臓への生きた羊水の響きは、心臓の鼓動、血管の脈動を高め、血管と血液との摩擦熱で血液を温め、磁気を強化、脳への血の流れを良くします。
脳への血流不足と血液の錆が脳細胞を劣化させ認知症を招くのです。赤血球(強磁性鉄イオン)と毛細血管は同じ大きさです。

 

赤血球と毛細血管の血流による摩擦熱は赤血球を温め、血流(強磁性鉄イオン)の磁気作用を高めます。
血管と血液の摩擦熱は血管内皮細胞が活性化、毛細血管を若返らせます。
毛細血管の若返りは、腎臓の絡み合う糸球体からなる腎臓の毛細血管の濾過機能が活性化、尿の濾過能力が高まり、脳血液を綺麗にし、脳細胞を若返らせます。

 

脳への血流不足と血液の錆が脳細胞を劣化させ認知症を招きます

 

脳は生体磁石、磁鉄鉱(マグネタイト)です。1992 年カルフォルニア大学で発見されました。
人間の血液(強磁性鉄イオン)は、5kg、その中で1/3は脳で使用しています。血液に含まれる鉄イオンは、2,700mg、体内には4,000mgの鉄分を含みます。

 

血液は鉄の臭いと味がします。赤い血液は鉄分を主成分とした、赤血球(強磁性鉄イオン)です。
血液はクギと同じように錆びるのです。血液の錆(三価鉄)は血液をボロボロにします。
血管と血液との摩擦熱は、血液を黒鉄(二価鉄)に変え、血液の磁気を高めます。認知症は脳細胞と血液の錆が招きます。

 

血液は酸素、ブドウ糖と結合、栄養、水分、熱を細胞に送り届けますが、錆びて血液をボロボロにします。脳細胞、脳血液の錆が認知症です。
西洋医学は、血液の鉄分の酸化作用を研究していません。錆は薬の投与では治せないどころか進行させるだけです。