がんに勝つためには、細胞 血液を38℃に温め若返えらせることが大切

TEL

免疫細胞(強磁性鉄イオン)は 活性酸素毒の酸化作用でがん細胞を殺します

 

赤血球

血液は強磁性鉄イオンを含むため、血液を舐めると鉄のにおいと味がします。
『ゼロ磁場の奇跡 音響免疫療法』の心臓への羊水の響きのマッサージは、心臓の鼓動、血管の脈動を高めます。
赤血球(強磁性鉄イオン)と毛細血管との摩擦熱で血液を温め磁気を高めます。

 

鉄イオンが大好ながん細胞は、がん細胞の持つ鉄イオンが正常細胞の鉄イオンを取り込み、鉄イオンの鎧で囲みます。
がん細胞の持つ鉄イオンが正常な細胞の鉄イオンを引き寄せ奪い、がん細胞は増殖します。
がん患者は貧血になり、急激に痩せ、体力と気力を失い生命力を縮めます。
『ゼロ磁場の奇跡 音響免疫療法』は、ゼロ磁場の磁気エネルギーでがん細胞の持つ鉄イオンが発熱、がん患者の体温を38℃に上昇させます。

 

響きにがん細胞の鉄イオンが磁気共鳴、ホットカイロのように温熱感受性のがん細胞の持つ鉄イオンが酸化発熱、熱に弱いがん細胞は自然に消滅します。
がん細胞は免疫細胞の攻撃から守るため、細胞内に鉄分を取り込みます。

 

免疫細胞による活性酸素という酸素毒と鉄イオンの酸化作用の毒素で攻撃、がん細胞は殺されます。
鉄イオンが、がん細胞に存在すると、鉄イオンが酸化され、活性酸素が中和し、免疫細胞はがん細胞を殺すことが出来ないのです。
『ゼロ磁場の奇跡 音響免疫療法』でがん患者の体温が37.5℃~38℃に上昇するのは、鉄イオンを持つがん細胞がゼロ磁場の磁気に共鳴しホットカイロのように発熱するからです。

 

赤血球(強磁性鉄イオン)は毛細血管と同じ大きさ 血液と血管との摩擦熱で血液を温めがんに勝つ体質にします

 

血管

がんに勝つためには、細胞 血液を38℃に温め若返えらせることが大切です。
人間の血液(強磁性鉄イオン)は5kg、その中で1/3 は脳で使用しています。血液に含まれる鉄イオンは2700mg、体内には4000mg の鉄分を含みます。
血液は鉄の匂いと味がします。赤い血液こそが「鉄」を主成分とした。赤血球(ヘモグロビン)です。血液も「釘」と同じ様に錆びます。

 

心臓の鼓動・脈動を高める羊水の響きは赤血球と毛細血管(赤血球と毛細血管は同じ大きさ)との血流による摩擦熱で血液を温め、血管内皮細胞を活性化させ、毛細血管を若返らせ血液循環機能を高めます。毛細血管の若返りは腎臓の排尿機能を高めます。
血液の赤錆び(三価鉄)は、血液をボロボロにします。黒鉄(二価鉄)に変え、血液の磁気を高めます。
血液循環機能を甦らせます。身体は心臓の鼓動・脈動による血管と血流による血液との摩擦熱で身体が発熱、血液の磁気を高める血液磁気発電システムで生命を維持します。

 

血液による磁気フリーエネルギーシステムで生命を維持しています。血液と磁気作用を高めがんに勝つ体質にします。
心臓、血液、細胞を若返らせ、体温を1℃上げると、医学の世界ではノーベル賞を超えた神の領域と言われています。
心臓と60兆の細胞の死が人間の死です。お金を持っていても死んだらおしまい。私は音響免疫療法をおすすめします。

 

脳腫瘍、舌癌、喉頭癌、甲状腺癌、肺癌、食道癌、胃癌、大腸癌、乳癌、直腸癌、皮膚癌肝臓癌、膵臓癌、子宮癌、卵巣癌、膣癌、前立腺癌、精巣癌、膀胱癌、骨肉腫、悪性リンパ腫リンパ癌、小児癌、白血病

 

38℃の「赤ちゃん」に「ガン」は無い胎児を38℃に温める羊水の響きで身体を震わせると ガン細胞が発熱 熱に弱いガンを自己免疫力で消滅させる

 

西洋医学は、母親が胎児を38℃に温める羊水の響きでガンに勝つ

最先端のエンターテイメント療法を研究しなかったのが不思議です。

西堀貞夫は世界で初めて空気の音でなく、胎児を38℃に温める羊水の響きを脊髄に聴かせ

身体を発熱させ、熱に弱いガン細胞に勝つ、夢のゼロ磁場音響免疫療法を開発しました。

 

 

母親が胎児を38℃に温める羊水の水の波紋の響きは、電子レンジの電磁波と同じ横波の仲間です。お母さんは安全な電子レンジで胎児を育てていたのです。
「胎児を38℃」に温め、「尿で汚れた羊水を浄化」、「水分80%」の元気な細胞を育てます。
私たちは熱に弱い“がんの病に勝つ” 治療法として母親の羊水の響きでがん細胞を温める自己免疫療法を思いついたのです。
身体はウィルスに感染すると38℃に身体が発熱、生体防御反応でウィルスを殺します。身体の持つ生体メカニズムを応用します。
がん細胞は温熱感受性のため、温めると流れが低下、熱を吸収し、がん細胞の温度が上昇し死滅します。60 歳の年齢は低体温となり、水分50%の老化した細胞になり、がん患者が多くなります。

 

中華人民共和国 解放軍総医院301と共同でがんに勝つ中華医学『ゼロ磁場音響免疫療法』を進めています

 

中国の要人が日本の有名病院にがん患者として入院、抗がん剤投与で“玄関から入り、裏口から出て行った” 多くの結果にびっくり、日本の薬漬けの西洋医学に疑問を持ったのです。
中華人民共和国が日本で探し求めたのが私たちの中華医学『ゼロ磁場音響免疫療法』だったのです。中華医学は手術を受ける患者の急所に「針」をうち、生体麻薬作用でモルヒネを注射しません。
中華医学・気功は5000 年の歴史です。気功の磁気エネルギーを研究する過程でイエス・キリストが施した手当てと中華医学の気功は同じ生体磁石の磁気を応用、相手と磁気共鳴しあう事で心と身体を健康に導く神秘的な磁気エネルギー療法である事を、血液の磁気を測定するMRI(磁気共鳴画像法)で科学的に解明しました。

 

私たちの開発したゼロ磁場磁気エネルギー療法は人間の持つ生体磁石の1000 倍以上の気の磁気エネルギーが発生、心と身体を健康に導く中華医学の最先端療法です。
中華人民共和国は、蒋介石の時代、気功中心の中華医学を捨て西洋医学に変えましたが、毛沢東政権により伝統的な中華医学を残した素晴らしい国です。中華医学80%、西洋医学20%の医学を行っています。

 

解放軍総医院(301医院) 解放軍上海武警中隊癌症中心 解放軍東北三省旅順215医院 解放軍北京郊区216部隊精神中心 解放軍南京軍区上海第八五院肝病中心 北京大学 上海日中友好病院 上海中医葯大学付属普陀医院 石家庄中医医院

トップへ戻る