脳内麻薬作用で勝つ音響免疫療法

映画・テレビ・音楽の脊髄への響きは脳内麻薬の麻酔覚醒作用でうつ病を吹き飛ばす

 

中国医学は麻酔薬を注射しない、鍼麻酔を生命の急所に打ち、生体麻薬で、手術を受ける患者の苦痛と緊張を取り除きます。
ライオンに生命の急所・脊髄を食いつかれたシマウマは恍惚感に満たされ、気を失い、死が怖くなくなります。
空手、太極拳、合気道も急所脊髄に手刀で衝撃を加え気絶させます。
無防備な脊髄の響きは人を死に直面させ、脳内麻薬(βエンドルフィン様物質、アドレナリン様物質)の鎮痛作用の働きで痛みを感じません(モルヒネの数百倍の効果)。
アドレナリンは「火事場の馬鹿力」を発揮させます。火事や地震のとき、寝たきりの病人が自力で脱出し、重いタンスを持ち出したなどの話はよく聞きます。
脊髄の衝撃は、中枢神経を陶酔感で満たし、生命力を高めうつ病・アルツハイマーを自然に吹き飛ばします。
生体麻薬は不思議な力を発揮させます。試聴ルームで脊髄に音楽を響かせ、脳の変化を体験をお勧めします。

 

中国政府衛生部・解放軍総合医院301・北京大学は胎児を38℃に温める羊水に学んだ音響免疫療法を最先端の中華医学として共同で研究しています。

 

脊髄は神経の集まる急所・脊髄の血液・神経を温めるとうつ病は克服できる 西洋医学の医者の薬ではうつ病は治せない

 

うつ病などの心の病は、「低体温による血液の冷え」「脳への血流不足」「腎臓の機能の低下による血液のろ過不良」「脳細胞の変性と鉄イオンのサビ」「頭蓋骨の締まり」が原因です。

 

胎児を38℃に温める母親の羊水の響きは 胎児の尿で汚れた羊水をきれいにするように 脳血液を温め流れをよくします

 

  • 脳血液を温めると、「脳神経」「脳細胞」が温まり活性化します。
  • 血液が温まりサラサラになると、脳への血流量が増え、脳血液の磁力が高まり、鉄サビが取り除かれます。
  • 腎臓のろ過機能が高まると、脳への血液がきれいになります。
  • 頭蓋骨、脊髄、骨盤が緩むと脳の締りが取り除かれます。
  • 薬を使わず、脊髄に響く音楽でうつ病を簡単に忘れさせます。

 

うつ病・アルツハイマー・ノイローゼ・心身症・自律神経失調症・パニック障害・アルコール依存症・パーキンソン病・顔面神経麻痺・三叉神経痛・偏頭痛・肩こり・冷え性・不眠症・統合失調症

 

心の病で病院へ行くとうつ病とされ 薬漬けにされます

 

うつ病の抗うつ剤投与は、覚醒剤作用で依存性を高め、さらに強い薬を身体が求めます。薬漬けから抜け出せません。中華医学はうつ病に薬を使いません。
病院はお金儲けのため患者に薬を勧めます。心ある医師はうつ病に薬を投与しません。このため患者がいなくなります。患者は強い薬を求めお金儲けの医者に集中しています。
医師は患者の心を治すのではなく、医学をお金儲けにしています。
身体に害のない音楽の響きで脳と脊髄の中枢神経、自律神経、交感神経、副交感神経を温め、脳血液・脳細胞を温め、活性化することで自分の力でうつ病に勝ちます。脊髄で音楽を聴けば身体と脳が分かります。