心霊現象 霊 臨死体験の幻想は心の神を呼び覚ます

がんと闘う大切なリンパ節を切除するがん治療は間違っている

 

現在のがん治療は検査、検査・・・。がんを発見したら「がんだ、がんだと大騒ぎ」、心の不安とストレスで病状を悪化させます。
「マラリアにかかると高熱でがん細胞は消える」を応用、自分で身体を温め自己治癒力を高めます。

 

がん細胞と血液を胎児のように温め、自己免疫力を高め、がんに勝つことが可能な時代になりました。

 

がん患者は、医者の勧めるお金儲けの抗がん剤、手術、放射線の治療でさんざんいじくられ、免疫力と体温が低下し、苦しい思いをし、気力を失くし死期を早めます。

 

西洋医学は乳がんの治療として、リンパ節を手術で取り除きます。
リンパ節を取り除くと、免疫力が低下し、がんは増殖します。
脊髄の血液、リンパ球を38℃に温める羊水の響きは血液、リンパ球が発熱、熱と免疫力でがん細胞と戦います。
がん細胞は発熱させると、好転反応で腫れ、腫瘍マーカーの数値が上がることがあります。変化が起き改善の過程です。医師の判断は間違っています。

 

羊水の心臓へのマッサージは心臓を若返らせ 命を助けます

 

胎児を38℃に温める心臓への激しい羊水のマッサージは、心臓を若返らせ元気で長生きの体質にします。
心臓は疲れています。死んだらおしまい。命が買える『ゼロ磁場の奇跡』音響免疫療法の心臓へのマッサージはお金で買えない不老長寿の夢が買えるのです。

 

羊水の波紋の響き(電子レンジの電磁波の響きと同じ横波の仲間)で心臓へのマッサージはペースメーカーより激しい響きで心臓を助け、生命力を甦らせます。「心臓の死が人間の死です」。

 

心臓への羊水のマッサージは「心臓の鼓動」「血管の脈動」を強化、血液を温め血流を良くします。
血液に含まれる赤血球(強磁性鉄イオン)と毛細血管との摩擦熱は、血液の赤錆び(三価鉄)を止め、黒錆び(二価鉄)に変え、血液の磁力を高めます。
血液は酸素、ブドウ糖と結合、酸化作用の錆びで血液をボロボロにします。血液も釘と同じように錆びるのです。

 

血液は酸素、栄養、水分、熱を細胞に送り届けます。大切な生命の川「血液」の磁力を高める事と二価鉄に変える大切なメカニズムを西洋医学は研究していなかったのです。
血液に薬の投与は間違っている。血液の錆びは糖尿病、うつ病、認知症、アトピー、更年期障害、がん等の病の原因です。

 

エコー検査は身体にジェルを塗り超音波で検査します。固体、液体は波動エネルギーを伝えますが、空気は伝えません。
柔らかい網構造体がジェルの役割を果たし、波動エネルギーを体内に浸透吸音します。

 

人間は心臓と血液(強磁性鉄イオン)の磁気発電システムで生命を維持します

 

人間の血液(強磁性鉄イオン)は5kg、その中で1/3 は脳で使用しています。血液に含まれる鉄イオンは2700mg、体内には4000mg の鉄分を含みます。

 

血液は鉄の匂いと味がします。赤い血液こそが「鉄」を主成分とした赤血球(ヘモグロビン)です。血液も「釘」と同じ様に錆びます。
ヘモグロビンの鉄分は酸素と結合し、酸化し三価鉄となり錆びます。赤錆びは血液をボロボロにします。

 

丸い赤血球(強磁性鉄イオン)と毛細血管は同じ大きさです。血流による摩擦熱で赤血球の錆び(三価鉄)を止め、黒鉄(二価鉄)に変え、磁力を高めます。

 

身体は心臓の鼓動、血管の脈動を高め、血液(強磁性鉄イオン)と血管との摩擦熱で体温と磁気を高める磁気発電システムで生命を維持します。血液による磁気フリーエネルギーシステムで生きているのです。