ガンは怖くない! 熱に弱いガン細胞に勝つ最先端兵器を開発

日米韓保健相“がん撲滅へ協力関係”で一致ガンは怖くない! 熱に弱いガン細胞に勝つ最先端兵器を開発

 

韓米日3カ国は19日(米東部時間)、米ニューヨークで保健相会合を開き、がん研究支援の強化、がん予防・検診・診断方法の拡大、国家間データの標準化などについて話し合った。韓国保健福祉部が伝えた。

 

会合には、米国のがん撲滅プロジェクトを指揮するバイデン副大統領、バーウェル米保健福祉長官、塩崎恭久厚生労働相、鄭鎮ヨプ(チョン・ジンヨプ)保健福祉部長官、各国のがん研究機関の関係者が出席した。

 

韓米日は報道資料を通じ、「3カ国はがん撲滅を目標に国際コンソーシアムを組織し、全ての研究データや検査の分析結果の公開に向け協力することで一致した」と強調した。
鄭長官は「韓国政府、国立保健研究院、国立がんセンターはがん撲滅に向けた国際協力に積極的に取り組む」との方針を示した。 朝鮮日報(9月20日(火))

 

 

アメリカの「がん撲滅プロジェクト」を巡っては、オバマ大統領が今年1月、「月に人を送るほど壮大な挑戦」を意味する「ムーンショット」として官民を挙げて取り組む決意を示し、今年4月の日米韓首脳会談で安倍首相に協力を要請していた。
塩崎厚生労働相は19日、アメリカでの「がん撲滅プロジェクト」の指揮をとるバイデン副大統領などと会談した。そして、抜本的ながん対策を進め、がんに苦しむ人々を大幅に減らすため、がん治療や予防、検診、診断の技術を共同研究で協力関係を結ぶことで一致した。

 

赤血球

 

ガンに自己免疫力で勝つ最先端兵器を私達は開発しています。

 

母親が胎児を「38℃に温め」「水分80%の細胞」を育てる羊水の響きは熱に弱いがん細胞に勝つ最先端兵器。60 兆個の体内細胞は毎日少しづつ新しい細胞に生まれ変わります。体温38℃、水分80%の60 兆個の赤ちゃん細胞に甦らせることが、がんに勝ちます。「マラリアに感染すると高熱でがん細胞が消える」医学では有名な話です。

 

羊水の響きは、体温を38℃(直腸温39℃)に温め、自己免疫力を高めています。熱に弱いがん細胞と戦います。「がん細胞」も「普通の細胞」も一緒に胎児のように温め、幸せにします。熱に弱いがん細胞は、がん臭を出します。

 

人は歳を重ね、50 歳の細胞の水分は50%と少なくなり、低体温で、しみ・たるみ・しわの老化した肌になり、がん患者が多くなります。胎児のように体温38℃、水分80%の細胞に甦らせることが、がんを防ぎます。がん細胞は強い磁力を持つ鉄イオンを取り込んでいます。がん患者は貧血になります。ホットカイロは鉄を酸化発熱させます。鉄イオンを持つがん細胞も発熱します。

 

38℃の体温に解熱剤を使う西洋医学は間違っています。抗がん剤投与は正常な細胞とがん細胞を「一緒に殺し」、免疫力を低下させ生命力を奪ってしまいます。

 

毎日ご自宅で聴き続け、胎児のように体温を38℃に高め、水分80%の元気な細胞に甦らせることが、がんに勝つのです。

 

新しく作り変えることができる体内細胞を抗癌剤で改善とか、治療をするという西洋医学の表現はおかしい。

 

『脳腫瘍、舌癌、喉頭癌、甲状腺癌、肺癌、食道癌、胃癌、大腸癌、直腸癌、皮膚癌、肝臓癌、膵臓癌、子宮癌、卵巣癌、膣癌、前立腺癌、精巣癌、膀胱癌、骨肉腫、悪性リンパ腫、リンパ癌、小児癌、白血病、乳癌』