釈迦は 諸行無常の「銅」の鐘の響きが「血液を浄化 」病気を治すことを知っていた

釈迦は2600年前、諸行無常の銅の倍音の響きで病気を治していたのです。チベット密教、チベタンボウルの、病を治す、鐘の倍音の響きの歴史は5000年です。釈迦の仏教の原点は、諸行無常の鐘、チベタンボウルの鐘の倍音の響きで、血液の磁気を高め、心と身体を幸せにし、病を治すことです。
釈迦は仏像信仰と、お経信仰を説いていません。一人の相手に合わせ対機説法でその場所で、生体磁石の磁気エネルギーを高め、その人に適した真理の言葉で語られ、磁気療法「手かざし」で磁気共鳴で、病を治していたのです。釈迦の入滅から、「500年間」は仏像が創られていません。古代インドは聖なる人の姿を仏像で現すことを避けていたのです。釈迦は創られて「仏像信仰」と「お経信仰」は勧めていない。日本は、仏像信仰、お経信仰を850年続けています。諸行無常の鐘は中国の「宋」の時代、日本に渡来しました。除夜の鐘として受け継がれています。釈迦の仏教の原点は、心を幸せにし、病を治す鐘の響きです。日本は戦時中、鐘を強制没収し兵器にした悲しい歴史があります。日本の仏教は、葬式宗教になっています。(2019年死者135万人)

諸行無常の 銅の鐘の響きは 血液を浄化 体温と 自己免疫力 を高め コロナの発症を防ぎます

 

自分の声は、耳を塞いでも、自分の声は聴こえます。耳の感覚器官でなく、脊髄の感覚器官(中枢反射神経)の響きで聴覚で感じるのです。空気の伝える、耳の鼓膜への音は、言葉・方向・危険・距離を感じ、生きるための音です。急所脊髄の感覚器官への、骨導音の激しい響きは、感動・興奮を呼び覚まし、生存本能を高め病を治します。

耳でなく、諸行無常の鐘の響きを、骨導音で体内の血液・細胞・水分に響かせる、世界で初めての音響チェアを開発しました。赤血球のヘモグロビンへの合成は、鉄と銅がが必要です。銅がないと、ヘモグロビンに変換できないのです。諸行無常の鐘、チベタンボウルの倍音の鐘の響きを、骨導音で脊髄に響かせる音響免疫療法は、釈迦の仏教の教えに学び、心を幸せにし、病を治すのです。

 

病を治す チベット密教のチベタンボウルの 銅の響きの音楽療法は 5000年の歴史

 

中国に現存する、5000年の歴史を持つ最古の医学書『黄帝内経』に、チベタンボウルの倍音の鐘の響きで心を幸せにし、病気を治したと伝えられています。チベタンボウルは金・銀・鉄・銅・鉛・錫・水銀・の7種類の金属で作られ、それぞれの違う共鳴の響きを発生させます。
諸行無常の鐘、チベタンボウルの鐘の響きは「倍音」と呼ばれる、血液(強磁性鉄イオン)・細胞・水分と共鳴する波紋の水の響きです。響きは空気より、水中が伝わります。人間の身体は、水分80%です。身体を震わせる、骨導音の倍音の響きは、頭蓋骨・脊髄・骨盤を緩め血液の磁気を高め、脳への血流を良くし、心と身体を幸せにし、病を治していたのです。

耳で聞く空気の音は 言葉・方向・距離・危険を感じ 生活と生存のための音です 脊髄(感覚器官)中枢反射神経への骨導音の響きは 感動と興奮を高め  人間の心と身体を幸せに導き 病を治します 映画・テレビ・音楽を 空気の伝えるスピーカーの人工音を 耳で聞くのは間違っているのです 生命の急所脊髄の感覚器官への響きは 感動と興奮を高めるのです

 

釈迦は2600年前 諸行無常の 銅の鐘の響きが ヘモクロビンと「鉄」「磁気」を結合させ 酸素 ブドウ糖を細胞に運び 生命を維持し 病気を治すことを知っていたのです

 

音響チェアー

釈迦は、諸行無常の銅の鐘の響きが、人間の血液を浄化、磁気を高め 病気を治すことを知っていたのです。太古の海の 生物はヘモシアニンを含む、銅の血液です。釈迦は諸行無常の「銅」の鐘の響きが、ヘモクロビンと鉄と磁力を結合させ、血液(強磁性鉄イオン)を赤く染め、酸素、ブドウ糖を細胞に運び生命を維持します。
銅は、血液の血漿と赤血球に存在します。血液検査は、血漿の銅の濃度を測ります。銅は、体内にセルロプラスミン・メタロチオネインというタンパク質に結合した状態で存在します。血液中の銅は、セルロプラスミン(タンパク質)に結合、赤血球のヘモクロビンの合成には、鉄が必要です。でも、鉄はセルロプラスミンによって一度酸化されないとヘモクロビンの合成に使うことが出来ないのです。
セルロプラスミンは、銅と一緒に運ばれるので、銅がないと鉄がヘモクロビンに変化出来ないのです。釈迦の銅の鐘の響きは、人間の心と身体を幸せにし、病気を治す仏教の原点です。

 

細胞は 生命のリズムと共鳴 ミクロの世界で水の響きの音楽を奏でます

細胞は分裂・増殖する過程で、身体の響きのリズムに共鳴。ミクロの世界で細胞は美しい音楽を、水の伝える倍音の響きで奏でます。響きは遺伝子と細胞を活性化させる不思議な力があるのです。人間は無音室で暮らすと病気になり、ひいては死に至ります。細胞は響きで、増殖を繰り返し、死滅していく細胞を補強しています。細胞への生命のリズムは正常な細胞を誕生させ、生命力を蘇らせます。お酒の麹の発酵は、細胞と同じように、ぶすぶすと音を発し、増殖します。がん細胞が響きを嫌うのは、熱に弱いがん細胞が死滅するからです。

 

銅の響きは 人間の血液の磁気を高めます

銅の鐘の響きは、酸化した血液(酸化鉄)を黒鉄(二化鉄)に変え、血液の磁気を高めます。磁気エネルギーの高まりは、超能力、テレパシーの磁気共鳴作用が高まります。血液も「くぎ」と同じように錆びるのです。西洋医学は血液の錆が病気を招くことを研究していません。人間の血液は(強磁性鉄イオン)は5kg、血液に含まれる鉄イオンは2700mg、体内には4000mgの鉄分を含みます。赤血球は「くぎ」と同じように錆びるのです。 毛細血管と赤血球との摩擦熱は血管内皮細胞が活性化、毛細血管を若返らせます。毛細血管の若返りは視力を高め、腎臓の排尿機能を高めます。酸素とブドウ糖と結合した血液を酸化させます。血液を黒鉄(二化鉄)に変え磁気を高めることが大切です。

 

スピーカーの磁石と銅板との金属の摩擦熱の響きは人間の血液(強磁性鉄イオン)の磁気を高める 究極の響きです

スピーカーの人工音で中空ストローファイバーの 網構造体を震わせ コントラバスの生演奏の弦の響きに変え 身体に聴かせます

ゲーリー・カー

表面の密度を高めた、柔らかい中空ストローファイバー網構造体を、スピーカーの人工音で震わせ、 「バイオリンの弦」「パイプオルガンの共鳴管」「光ファイバー」の生演奏の響きに変え、耳でなく、脊髄の感覚器官「中枢反射神経」に骨導音で浸透吸音し身体に聴かせます。さらに、スピーカーの磁石の「金属カバー」と「銅板」との、激しい金属の響きとランバーコアの板鳴りの響きは。 「チベタンボウル」「諸行無常の鐘」の倍音の響きが発生、世界で初めて 諸行無常の鐘の響きを身体に聴かせる、世界で最も優れた音響システムを開発しました。
バイオリンのストラディバリウスの「ニカワ」の接着層に学び、スピーカーの磁石の「金属カバー」と「銅板」との接着に、軟質プラスチックを使用。接着層に生まれる、激しい摩擦熱が、地球の断層地帯に生まれる、地磁気の磁気エネルギーが発生、人間の血液(強磁性鉄イオン)に、奇跡を起こします。
響きの磁気エネルギーは、人間の持つ血液(強磁性鉄イオン)の磁気が磁気共鳴、胎児のように38℃に温め、水分80%の細胞を育て、心と身体を健康に導きます。音響チェアをバイブレーターのように激しく震わせるため、床面に振動共鳴板を設置、音響チェアで 身体を激しく震わせます。私達の身体は、体温が低下すると「ブルブル」と身体を発熱させます。

音響チェアの「網構造体のバイオリンの弦の響き」「ゼロ磁場を発生させる金属の摩擦熱の響き」「身体を震わせる音楽のバイブレーション」は、胎児のように身体を38℃に温め、水分80%の元気な若い細胞を育てます。響きは西洋医学の薬を超えた、病を治す自己免疫療法です。

釈迦は 諸行無常の鐘(銅)の 倍音の響きで 心と身体を幸せにし 病を治していたのです

人間の 心と 身体が 求める響きは耳への 音でなく血液(強磁性鉄イオン)細胞(赤血球)・水分・骨を震わせ 生命力と磁気を高める身体共鳴の響きです
スピーカーの磁石で銅板の震わせ諸行無常の鐘(銅)の響きを再現し すばらしい響きを身体で体験できます。音響免疫療法患者の会の音響ルームを訪問され、心と身体で音響免疫療法を体験されることをおすすめします。

原点


スピーカーの磁石で銅板の震わせ諸行無常の鐘(銅)の響きを再現しすばらしい響きを身体で体験できます。音響免疫療法患者の会の音響ルームを訪問され、心と身体で音響免疫療法を体験されることをおすすめします。

音響免疫療法患者の会 本部の音響ルームに 聖地エルサレムでイエス・キリストが 心で感じた 地磁気の 断層地帯に現れるN/S極を示さない 驚異のゼロ磁場現象と神秘な十字架現象が現れました。

 

スピーカーの人工音で 網構造体を響かせ 雷(稲妻)の 恐怖の 「生」の衝撃波を 身体に響かせる 世界で初めての 音響システムです

録音した自分の声は 他人の声に聞こえます。身体が求める響きは 身体を震わせる共鳴の響きです。
耳の音は、言葉・方向・距離・危険を主として感じます。感動と興奮は、耳でなく脊髄の感覚器官(中枢神経)への身体共鳴の響きで感じるのです。骨盤は重低音、頭蓋骨は高音を感じます。生命の危険を伴う身体共鳴の衝撃波は、心の神「魂」を呼び覚ます 心と身体が求める響きです

雷(稲妻)の 生命の危険を伴う 衝撃波に学び 耳の鼓膜でなく映画・テレビ・音楽を 生の衝撃波で 脊髄の 感覚器官(中枢反射神経)に 響かせ興奮と感動を高める

世界で初めて 響きの感動を高めるため 脊髄の感覚器官(中枢神経)に響かせる、音響チェアを開発しました雷(稲妻)の身体への恐怖の激しい、響きは、生体麻薬の、麻酔作用で心と身体を幸せにします。世界で初めて、急所脊髄の感覚器官に、響かせる、映画・テレビ・音楽の響きは、鍼麻酔の脳内麻薬効果で、人間の心を幸せにマインドコントロールします。生命の危険を伴う、脊髄への激しい響きは、ヘロイン・コカイン・モルヒネより安全な生体麻薬、アドレナリン・エンドルフィンの麻酔覚醒作用で心と身体を幸せにします。脊髄への響きは、エンターテイメント業界に革命を起こしたのです。

雷の恐怖は 耳でなく身体で感じます。映画・テレビ・音楽の感動の響きを スピーカーの人工音で耳で聴くのは間違いです

世界の最先端IT企業や医学、映画・テレビ・音楽の業界は、耳の鼓膜の空気の音ではなく、 身体共鳴の、身体への響きで、骨盤・頭蓋骨に響かせ、心の神「魂」を呼び覚まし、 響きで病気を治します。 響きを医学に応用する研究をしていない。 不思議です。

 

スピーカーのコイルが震わせる空気の人工音では 海の波の音 風と川の音鳥のさえずりの音 など 心と身体が求める 自然の倍音の響きは再現できない

お金が全ての、アメリカの指導による、アメリカンドリーム主導の電子文明、スマホ・ゲーム・ネットによる、耳で聞くスピーカーの 人工音の響きは 心と身体の害になり、依存症で、気力のない、無表情の人間になっています。 身体の害になる、耳で聞く、スピーカーの人工音は、脳が依存症になり、響きの幻聴で、人間の心を変え、不安や恐怖心から、自殺や殺人を起こします。動物は、自然の響きが解っています。人工音のスピーカーの音の雑音は、聞かないのです。
世界で初めて、柔らかい中空ストローファイバー網構造体を響かせ、バイオリンの弦、パイプオルガンの共鳴管の響き、光ファイバーを応用、耳の鼓膜でなく、羊水の水の波紋の響きを、脊髄の感覚器官(中枢反射神経)に、音響チェアを通して身体共鳴で、倍音の響きを身体に響かせる、新しい音響システムを開発しました。

トップへ戻る