ヘロイン、コカイン、モルヒネの薬物より安全なエンターテイメント麻酔療法

中華人民共和国は針麻酔で手術を行います 姓名麻薬作用を生むゼロ磁場の奇跡 音響免疫療法

 

昔、中国の皇帝は『ドラ』を鳴らし病を治しました。大音響の衝撃波を耳の鼓膜でなく脊髄に響かせるのです。
低周波と微震動は耳でなく身体で感じます。胎児は羊水の中で耳の鼓膜では音を聴きません。
脊髄が感覚器官となり、身体共鳴で聴いています。脊髄に響きに興奮します。母親の心臓の激しい響きに胎児は生命の危険を感じます。
響きが人間の心をマインドコントロールするのはこの為です。
脊髄の羊水の響きはヘロイン、コカイン、モルヒネの薬物より安全な麻薬作用で幸せにマインドコントロールします。

 

羊水の響き「電子レンジと同じ横波の響き」を世界で初めて開発

音響免疫療法イメージ

胎児を38℃に温める羊水の響きを身体に聴かせる為、表面の密度を高めた柔らかい血管の様な中空ストロファイバー網構造体を開発しました。
スピーカーの激しい響きを応用、中空ストロファイバー網構造体を震わせ、「バイオリンの弦」「パイプオルガンの共鳴管」「光ファイバーの脈動」を生み出し、耳の可聴域を超えた響きを急所脊髄の深部に骨導音で浸透吸音、人間の持つ生体麻薬作用を呼び覚まし、胎児の様に38℃に温めます。

 

さらに、ランバーコア網構造体を震わせる板鳴りの響きは、摩擦熱でゼロ磁場の磁気エネルギーの渦が発生、人間の持つ血液(強磁性鉄イオン)が磁気共鳴し、磁力を高めます。
世界で初めてフリーエネルギーの夢が現実になったのです。耳の可聴域では感じない素晴らしい響きです。

 

ストラディバリウスは、弦と木材の箱鳴りの響きを極限に高めるため、動物の骨から溶出した膠(にかわ)を接着剤に使用、馬のしっぽで弦を響かせ、弦と箱鳴りの響きを高めます。
化学接着剤で固めると音は響きません。バイオリンを肩にあてる演奏者は、響きで体温が『38℃』に上昇すると言われています。