自動車業界の皆様へ カーラジオの響きで 老人の認知症の脳を若返らせ 交通事故を防ぎましょう

 

自動車の中で、ラジオのスピーカーから耳で聞く人工音は、心と身体に害になります。自動車の座席に、音響チェアを組み込み、生命の急所脊髄に、ラジオの響きを、身体共鳴で響かせ、老人の脳血液・脳細胞を活性化、脳を若返らせると、認知症は自己免疫力で治せます。 老人の認知症の脳を若返らせ、認知症を治すことが、自動運転よりも、大切です。

自動車事故イメージ

 

高齢者ドライバーの脳を若返らせ交通事故がなくせます

 

脊髄の(中枢神経、血液、リンパ液、骨髄液)を温める羊水の響きは、胎児の尿を浄化するように、血液をきれいにし、脳への血流量を増やし、脳細胞を活性化、若返らせます。(赤ちゃんの脳細胞は水分80%、50歳の脳細胞は50%となります。)「認知症」「アルツハイマー」は、大脳皮質の萎縮と、脳への血流不足による脳神経細胞の老化です。西洋医学の薬では不可能と言われた、「認知症」「アルツハイマー」「うつ病」を脳内麻薬アドレナリンが生む、火事場の馬鹿力を発揮する「ゼロ磁場の奇跡 音響免疫療法」は病を吹き飛ばし忘れさせます。イタリアは、精神病院をなくしました。日本は、35万床の入院ベッドがあります。現代も精神医学の精神病患者の閉じ込め政策を行っています。

 

都会は 心と身体の害になる 自動車・オートバイの雑音や スピーカーの人工音の 身体に害になる 耳の響が 氾濫しています

 

喫茶店やレストランはスピーカーの身体に害になる人工音で溢れています
テレビの耳で聞くスピーカーの心と身体の害になる人工音で溢れています
自動車・オートバイの心と身体に害の雑音
ピーカーの人工音の身体に害の映画館の響き

 

騒音イメージ

 

認知症(高齢者)ドライバーの交通事故を無くす音響免疫療法

 

高齢者の認知症ドライバーが招く交通事故は被害者だけでなく、本人・家族に悲劇を招きます。
65歳以上の免許保持者は1700万人。
私たちは自己免疫力で認知症患者の脳細胞を「映像と音楽の響き」で急所脊髄を震わせ、自己治癒力で自分で治す画期的な音響免疫療法を開発しています。

 

日本人は薬と医者が病を治すと信じています。病は自分でしか治せません。その基本を教えられていません。
アメリカの政策により薬漬けの馬鹿げた狂った国です。
加齢に伴う認知症、アルツハイマーは低体温、脳細胞の老化による変性と脳への血流不足による大脳皮質の委縮が原因です。

 

羊水の響きは胎児のように38℃に温め、ドロドロに汚れた血液をサラサラにし、水分80%の細胞を育てます。
骨盤と頭蓋骨をゆるめ、延髄に響かせ脳への血流を良くし、脳細胞と脳の毛細血管を若返らせます。
「認知症」「アルツハイマー」「うつ病」「脳梗塞」は脳細胞、脳血液を若返らせることで自己治癒力で自分の力で簡単に治せます。
自己治癒力で治すことを教えない厚生労働省と医師会は狂っている。日本のマスコミは製薬会社と医師会に協力し国民を薬漬けにしている。

 

 

事故に遭った車と小学生

心と身体が求める響きは倍音の 海の波の音 川の流れの音 鳥のさえずりの音 など自然の響きです

 

世界で初め「海の波の音」「川の流れの音」等 自然の倍音の響きを耳でなく 脊髄の感覚器官に響かせる 音響チェアを開発しました

 

お金が全ての、アメリカの指導による、アメリカンドリーム主導の電子文明、スマホ・ゲーム・ネットによる、耳で聞くスピーカーの 人工音の響きは 心と身体の害になり、依存症で、気力のない、無表情の人間になっています。 身体の害になる、耳で聞く、スピーカーの人工音は、脳が依存症になり、響きの幻聴で、人間の心を変え、不安や恐怖心から、自殺や殺人を起こします。動物は、自然の響きが解っています。人工音のスピーカーの音の雑音は、聞かないのです。 世界で初めて、柔らかい中空ストローファイバー網構造体を響かせ、バイオリンの弦、パイプオルガンの共鳴管の響き、光ファイバーを応用、耳の鼓膜でなく、羊水の水の波紋の響きを、脊髄の感覚器官(中枢反射神経)に、音響チェアを通して身体共鳴で、倍音の響きを身体に響かせる、新しい音響システムを開発しました。

 

騒音イメージ

 

トップへ戻る