認知症をテレビを観て 治す時代です 西洋医学では認知症を治せない

TEL

認知症をテレビを観て 治す時代です 西洋医学では認知症を治せない

日本は認知症のゾンビ大国

 

認知症患者は自分の意思で病状を相手に伝え、治療法を決めることができません。無表情、低体温、怒りなど、磁気エネルギーが弱く、相手に悪い印象を与えます。高齢者のテレビの1日平均視聴時間は8時間です。1日の1/3に相当します。毎日テレビを 耳ではなく、脊髄の中枢反射神経で楽しむ ゼロ磁場 音響免疫療法は、老人の老化した脳細胞を若返らせ、元気にします。毎日、音響チェアでテレビを耳ではなく脊髄の感覚器官で楽しむことで、疲れた心臓の鼓動と脈動を助けます。心臓の鼓動を高める響きは、血流を良くし、血液と毛細血管との摩擦熱で、酸化した血液の磁気を高め、ドロドロに汚れた血液を浄化、脳への血流が高まり、脳細胞・脳血液が活性化、老化した脳が若返ります。

 

TV

 

生命の大切な川、血液を汚してはいけないのです。日本のお医者さんは、お金儲けのため、製薬会社が開発した、血液を汚す、糖尿病・高血圧・高脂血症の病に薬を投与します。厚生労働省の指示のもとに、健康保険制度を悪用、糖尿病・高血圧・高脂血症の患者に大量の薬を投与、薬漬けにし、認知症を発症させます。薬漬けは、さらなる病気を発症させます。医者の薬漬けは、狂っている。

 

中国政府は 認知症の治療に スピーカーの人工音でなく 身体を震わせる 倍音の鐘の響きを 採用しました

 

認知症患者は自分の意思で病状を相手に伝え、治療法を決めることができません。無表情、低体温、怒りなど、磁気エネルギーが弱く、相手に悪い印象を与えます。高齢者のテレビの1日平均視聴時間は8時間です。1日の1/3に相当します。毎日テレビを 耳ではなく、脊髄の中枢反射神経で楽しむ ゼロ磁場 音響免疫療法は、老人の老化した脳細胞を若返らせ、元気にします。毎日、音響チェアでテレビを耳ではなく脊髄の感覚器官で楽しむことで、疲れた心臓の鼓動と脈動を助けます。心臓の鼓動を高める響きは、血流を良くし、血液と毛細血管との摩擦熱で、酸化した血液の磁気を高め、ドロドロに汚れた血液を浄化、脳への血流が高まり、脳細胞・脳血液が活性化、老化した脳が若返ります。

 

ご両親を老人ホームや病院に入院させないで、ご自宅で元気にすることが、家族の責任だと思います。ご自宅で、テレビ・音楽を家族と一緒に楽しみ、認知症を治す時代です。 認知症は病院の薬では治せません。

 

脳

認知症の原因は
「脳への血液の血流不良」
「血流不足による脳細胞の劣化」
「低体温による血液の冷え」
「脳細胞・脳血液のサビによる磁気作用の劣化」
「腎臓の機能低下による血液の濾過不良」
「心臓の鼓動の衰えによる血流不良」
「頭蓋骨の締まり」が原因。

 

認知症本人の変化に、家族の皆様はびっくりされます。平成24年の内閣府調査では、自宅で人生の最後を迎えたいと希望する人が全体の56%にのぼりました。多くの皆さんの在宅医療の夢を叶えるため、ご自宅で映画・テレビ・音楽を脊髄で楽しみ、認知症を治し、元気にすることを私たちは提案します。 シンキングボウルの高音の激しい鐘の響きは 悟りの境地 で認知症の脳を若返らせます 日本は高齢化社会 65歳 以上3,514万人 医療費は25兆円認知症患者800万人 高齢者医療で日本は破産します

 

ご自宅で映画・テレビ・音楽を脊髄で楽しみ、認知症を治し元気にすることを私たちは提案します。厚生労働省の発表によれば、2015年75歳以上の高齢者の医療費は一人929,000円、14兆255億円です。65歳以上は3,514万人で25兆5276億円。日本は高齢者医療で破綻します。日本の医療費は45兆円。税収入は50兆円。日本は医療費で破綻します。 私達が提案するのは、毎日、映画・テレビ・音楽の響きで疲れた心臓を助け、血流を良くし、脳細胞を若返らせ認知症を映像と響きの科学で治す、ゼロ磁場 音響免疫療法です。

 

WHO

トップへ戻る